算盤が恋を語る話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

算盤が恋を語る話』(そろばんがこいをかたるはなし)は、江戸川乱歩の著した短編小説である。1925年大正14年)4月、『写真報知』に掲載された。

登場人物[編集]

T
主人公。内気な青年。算盤に暗号を混ぜてS子に告白する。
S子
Tの助手を務めている若い事務員。

あらすじ[編集]

TはS子に懸想している内気な青年。彼は面と向かって女性と話すのが苦手だったため、S子の算盤に暗号を書いておき、S子に気持ちを気付いて貰おうとしていた。彼の恋は成就するのだろうか。

出版[編集]

映像化[編集]