箱根 駒ヶ岳ロープウェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
箱根 駒ヶ岳ロープウェー

箱根 駒ヶ岳ロープウェー(はこね こまがたけロープウェー)は、神奈川県足柄下郡箱根町の駒ヶ岳(箱根駒ヶ岳)を登る、株式会社プリンスホテル箱根園が運営する全長1,783 m索道である。2016年1月までは、伊豆箱根鉄道駒ヶ岳索道線(こまがたけさくどうせん)として運営されていた。

同索道は箱根火山中央火口丘である標高1,327mの駒ヶ岳の頂上部と、芦ノ湖畔の箱根園と結び、山頂部は箱根周辺の市街地や富士山などを見渡せるなど展望に優れ多くの観光客が訪れる。また、箱根神社元宮などもある。

2005年には、同じ伊豆箱根鉄道が運営した駒ヶ岳ケーブルカーが廃止され[1]、駒ヶ岳山頂への唯一の交通手段となった。

運転方式[編集]

箱根駒ヶ岳ロープウェーの比高断面図
  • 箱根園駅 - 駒ヶ岳頂上駅間で運転している。15 - 20分ごとの運行で所要時間7分。
    • 三線交走式
    • 搬器(ゴンドラ)は定員101名の大型で、「駒ヶ岳」「芦ノ湖」の2台。塗装は長らく3色帯のライオンズカラーであったが、プリンスホテル移管後の2016年4月より、富士山などのイラストとともに箱根園のキャラクター「縁結びのエンチャン」(「駒ヶ岳」)、箱根ジオパークのマスコット「はこジ郎」(「芦ノ湖」)をあしらった新デザインに変更している[2]。なお座席は少なく基本的に立席。

歴史[編集]

[編集]

箱根園駅
駒ヶ岳頂上駅

備考[編集]

参考画像[編集]

写真中央左が駒ヶ岳。山頂に駒ヶ岳頂上駅が見える。箱根園駅は駒ヶ岳の左下の芦ノ湖湖畔にある。
駒ヶ岳頂上駅の脇から南西方向の眺め。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 浅井康次 (2008). “観光鉄道の現状について”. 運輸政策研究 11 (2): 55-59. 
  2. ^ “ロープウェーがデザイン一新 箱根駒ケ岳”. 神奈川新聞. (2016年5月24日). https://www.kanaloco.jp/news/life/entry-76211.html 2020年9月30日閲覧。 
  3. ^ 箱根のロープウエーが急停止 一時33人宙づり、けが人なし”. 47NEWS (2020年10月5日). 2020年10月5日閲覧。
  4. ^ “箱根駒ケ岳ロープウェー28日運転再開 破損部品を交換”. 神奈川新聞. (2020年10月27日). https://www.kanaloco.jp/news/social/article-282436.html 2020年12月7日閲覧。 
  5. ^ 池袋駅西武新宿駅小竹向原駅新桜台駅多摩川線内各駅を除く。
  6. ^ 小田急電鉄が発売している箱根登山鉄道箱根登山バス箱根ロープウェイ箱根観光船等、小田急グループの交通機関の周遊券。西武各駅で発売されているものは発駅 - 池袋駅または西武新宿駅間の往復割引が付いた小田急新宿駅発のもの。
  7. ^ これらのきっぷでは、小田急グループの各交通機関の利用はできない。また西武各駅では発売されていないので、西武観光などの旅行代理店や小田原駅前の伊豆箱根鉄道の観光案内所などで購入することとなる。

座標: 北緯35度13分10秒 東経139度1分6.2秒 / 北緯35.21944度 東経139.018389度 / 35.21944; 139.018389