箱根風雲録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箱根風雲録
HakoneFuunroku.jpg
監督 山本薩夫
脚本 楠田清
平田兼三
山本薩夫
製作 松本酉三
宮川雅青
出演者 河原崎長十郎
中村翫右衛門
轟夕起子
山田五十鈴
音楽 大木正夫
撮影 前田実
仲沢半次郎
編集 河野秋和
製作会社 新星映画社
前進座
配給 北星映画
公開 日本の旗 1952年3月14日
上映時間 137分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

箱根風雲録』(はこねふううんろく)は、1952年(昭和27年)3月14日公開の日本映画である。新星映画社・前進座製作、北星映画配給。監督は山本薩夫モノクロスタンダード、137分。

原作はタカクラ・テルの小説『ハコネ用水』(理論社、1951年)[1]で、幕府に幾度も妨害を受けながらも箱根用水を建設した農民と民衆の物語である。戦前から映画会社と提携して映画を製作してきた前進座の戦後第2作目。

あらすじ[編集]

徳川家綱の時代の寛文年間、駿河国深良村一帯の村々は水不足に苦しんでいた。江戸の商人・友野与右衛門は、大庭源之丞の提案を受けて、湖尻峠にトンネルを掘り、芦ノ湖の水を引き込む箱根用水の掘削工事に着工。商人と農民が協力する大工事は家綱の威光を失わせ、幕府はさまざまな妨害を加える。与右衛門は幾たびも捕えられるが、ついに箱根用水は完成。しかし、与右衛門は幕府の凶刃に倒れてしまう。

スタッフ[編集]

  • 監督:山本薩夫
  • 製作:松本酉三、宮川雅青
  • 脚本:楠田清、平田兼三、山本薩夫
  • 撮影:前田実、仲沢半次郎
  • 照明:平田光治
  • 美術:本木勇、江坂実
  • 録音:長岡憲治、安惠重遠
  • 音楽:大木正夫
  • 編集:河野秋和
  • 特殊撮影:圓谷英二
  • 協力監督:小坂哲人、楠田清

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画作品全集』、キネマ旬報社、1973年、p.203