築別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
築別駅
駅跡(2011年7月28日)
駅跡(2011年7月28日)
ちくべつ
Chikubetsu
羽幌 (6.7km)
(4.8km) 天塩有明
所在地 北海道苫前郡羽幌町字築別
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 65.0km(留萠起点)
電報略号 チヘ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1941年昭和16年)12月9日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月30日
乗換 羽幌炭礦鉄道1970年12月25日廃止)
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
築別駅
ちくべつ
Chikubetsu
(2.7km) 五線
所属事業者 羽幌炭礦鉄道
所属路線 羽幌炭礦鉄道線
キロ程 0.0km(築別起点)
開業年月日 1941年(昭和16年)12月14日
廃止年月日 1970年(昭和45年)12月25日
備考 路線廃止による。
テンプレートを表示
1977年の築別駅と周囲約1km範囲。上が幌延方面。長い単式ホーム1面1線と駅舎横の貨物ホームに引込み線、駅裏に2本の側線が確認できる。この側線は無人化後も外側1本が残された。元は単式の島状ホームも有し、単式2面2線であったが、既に撤去されているのか存在は確認出来ない。ストックヤードは駅裏以外にも駅構外南北に有り、木材が野積みされている。1970年までは羽幌炭礦鉄道が接続し、旅客車は国鉄の車両に連結する形で、スイッチバック的に羽幌駅まで乗り入れていた。炭鉱の石炭貨物の殆んどは駅裏のストックヤード側にあった側線へ一旦留置されてから本線を留萌に向かい、留萌港の同社所有の埠頭から全国へ船積みされていた。左下のストックヤード端を下へ90°カーブして本線と別れて行く軌道跡がはっきり残っている。また、右上の踏切手前には、転車台跡の窪みが残っている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

築別駅(ちくべつえき)は、北海道苫前郡羽幌町字築別にあった日本国有鉄道(国鉄)羽幌線羽幌炭礦鉄道築別炭鉱線の廃駅)である。電報略号チヘ。羽幌線の廃線に伴い1987年(昭和62年)3月30日に廃駅となった。

1970年(昭和45年)9月までは急行「はぼろ」の停車駅であったが、末期は一部の普通列車が通過した(1986年(昭和61年)11月1日改定の時刻(廃止時の時刻表)で下りのみ1本(急行「はぼろ」後継の主要駅停車列車。上りは停車)[1])。

歴史[編集]

1970年(昭和45年)に羽幌炭鉱が閉山するまでは、築別炭鉱へ向かう羽幌炭礦鉄道が接続した。

また未成線となった名羽線は当駅から分岐し深名線朱鞠内駅へ接続する計画であり、羽幌炭礦鉄道と重複する当駅から曙駅にかけての区間は、その路盤を利用する予定であった。

駅名の由来[編集]

所在地名より。アイヌ語の「チュクペッ(cuk-pet)」(秋・川)に由来するとされる。この説は永田方正によるもので、山田秀三は永田説を踏まえて、秋にサケの多く上る川があったのではないかと推測している[2][3]

ただし、1973年(昭和48年)に国鉄北海道総局が発行した『北海道 駅名の起源』ではこれと同説を紹介しつつも疑問を呈し、「チケㇷ゚ペッ(ci-ke-p-pet)」(自分・を削った・もの・川=切り立った崖の下を流れる川)由来の説が正しいようだ、としている[2]

駅構造[編集]

かつては単式ホーム・島式ホーム複合型2面3線に貨物側線を有する列車交換可能な職員配置駅地上駅)であったが、廃止時点で、無人駅化の上、線路の西側(幌延方面に向かって左手側)の駅舎に面した単式ホーム1面1線に縮小されていた。このほか、廃止後撤去された島式ホーム跡への1線が側線として残り、ほかに駅舎側に幌延方から分岐した側線を1線有していた[4]

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は23人[4]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

1999年(平成11年)時点では荒地になっており、駅前商店が残る[5]。また貨物ホームのみが草生しながら残っている。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
羽幌駅 - 築別駅 - 天塩有明駅
かつて当駅と羽幌駅との間に下ノ滝仮乗降場(しものたきかりじょうこうじょう)が存在した(1956年(昭和31年)11月1日開業、1972年(昭和47年)2月8日廃止)。
羽幌炭礦鉄道
築別炭鉱線(廃止)
築別駅 - 五線駅

脚注[編集]

  1. ^ 時刻表『JNR編集 時刻表 1987年4月号』(弘済出版社1987年4月発行)JRニュース13ページより。
  2. ^ a b 『北海道 駅名の起源』 日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、108頁。
  3. ^ アイヌ語地名リスト セッ~ツキガ P71”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2019年3月14日閲覧。
  4. ^ a b 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)201ページより。
  5. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVI』(JTBパブリッシング1999年3月発行)24ページより。

関連項目[編集]