築地精養軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
築地精養軒
1912年の田山宗尭『日本写真帖』に掲載の写真[1]。
1912年の田山宗尭『日本写真帖』に掲載の写真[1]
店舗概要
開業日 1872
閉業日 1923
後身 神田精養軒

築地精養軒(つきじせいようけん)は、東京で初めての西洋料理店である。

明治維新後、東京には本格的な西洋料理店がなく、外国からの要人接待に不便をきたしていたことから、岩倉具視の支援を受け、岩倉に仕えていた北村重威(1819-1906年)が1870年(明治3年)、皇居前の東京市京橋区馬場先門に築地精養軒ホテルを建設し[2]1872年(明治5年)に開業した。同年に銀座大火で焼失したため、翌年京橋区采女町32-33番地(現・中央区銀座5-15-8。時事通信社社屋の場所)に建坪200坪(660㎡)客室12のホテル・レストランを建設し、本格開業した[3]

西洋料理の出前や、外国貴賓との交流がある日本人への西洋文化の指導なども行ない、東京に西洋文化が広まる後押しをし[2]、「采女町に在り、西洋料理を兼ねてホテルを営業とす。現在の建物は近年の建築に係り、欧米各国の最新式を採用して、更に新機軸を出したるもの。設備完全にして旅客の宿泊、宴会には最も便利なり」と評された。

その後、上野公園の開設とともに支店として「上野精養軒」も開業、本格的なフランス料理店をめざした。1923年関東大震災築地が全焼し、上野に本店を移して営業、現在に至る。

初代料理長はスイス人のカール・ヘス、二代目・C.L.ネップ、三代目・戸山慎一郎、四代目・西尾益吉、五代目・鈴本敏雄と続く[4]秋山徳蔵、関塚喜平と、日本の西洋料理史上の名料理人を輩出した。

東京駅丸の内駅舎内に併設された東京ステーションホテルの営業を、開設された1915年(大正4年)から契約解除となる1933年(昭和8年)まで請け負っていた[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田山宗尭、p.p.22。
  2. ^ a b 東京ホテル建築史 1868 年~1939 年-その意味と多様性中村敏宏、法政大学大学院デザイン工学研究科紀要 Vol.2(2013 年 3 月)
  3. ^ 上野精養軒 上野精養軒物語 精養軒の起源ジーメックス
  4. ^ カール・ヘス Carl Jacob Hess(1838~1897)、『西洋料理人列伝』。
  5. ^ 種村直樹 『東京ステーションホテル物語』 集英社1995年10月31日、pp.143 - 146, 180 - 181。ISBN 4-08-781116-6。

参考文献[編集]

  • 田山宗尭東京府』、ともゑ出版『日本写真帳』。1912年。

関連項目[編集]