篠ノ井杵淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 中部地方 > 長野県 > 長野市 > 篠ノ井杵淵
篠ノ井杵渕の地図

篠ノ井杵淵(しののいきねぶち)は、長野県長野市地名町丁)。

地理[編集]

長野盆地中央、千曲川の左岸に位置する[1]

「杵渕」という地名は川の沿岸(川べり)の地形から発祥したものとされる[1][2]

町域内ではナガイモタマネギといった野菜リンゴが生産されている[1]

歴史[編集]

中世鎌倉時代のころ杵渕と見える。近世江戸時代更級郡杵渕村で、松代藩領であった[1]

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『角川日本地名大辞典 20 長野県』415 - 416ページ。
  2. ^ 『日本歴史地名大系 20 長野県の地名』839 - 840ページ。

参考文献[編集]