篠ノ井橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
篠ノ井橋
20201128Shinonoibashi01.jpg
右岸下流側より撮影した篠ノ井橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 長野県長野市
交差物件 千曲川
用途 道路橋
路線名 国道18号
管理者 国土交通省関東地方整備局
長野国道事務所[1]
施工者 川崎重工業・東日本鉄工・松尾橋梁(新篠ノ井橋)[4]
着工 1923年大正12年)12月28日(初代永久橋)[2]
竣工 1927年昭和2年)10月(初代永久橋)
1970年度(昭和45年度)(2代目永久橋)
1991年度(平成3年度)(新篠ノ井橋)[1]
開通 1927年(昭和2年)11月22日(初代永久橋)[2]
1972年(昭和47年)1月(2代目永久橋)[2]
1994年度(平成6年度)(新篠ノ井橋)[3]
座標 北緯36度33分31.3秒 東経138度8分18.2秒 / 北緯36.558694度 東経138.138389度 / 36.558694; 138.138389 (篠ノ井橋)
構造諸元
形式 4径間連続鈑桁+3径間連続鈑桁橋2連[4]
材料
全長 455.8 m[4]
10.5 m[4]
最大支間長 48.35 m[4]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道18号標識

篠ノ井橋(しののいばし)は、長野県千曲市 - 長野市千曲川に架かる国道18号道路橋梁

概要[編集]

後述の通り、篠ノ井橋は古くからの街道の要衝にあって古くから架橋された。供用中の橋は永久橋としては2代目および3代目。

現況の諸元[編集]

篠ノ井橋(2代永久橋・上り)

  • 形式 - 3径間連続鈑桁3連+1径間単純鋼鈑桁橋
  • 橋長 - 457.5 m
  • 竣工 - 1970年度(昭和45年度)
  • 開通 - 1972年(昭和47年)1月

[1][2]

新篠ノ井橋(下り)

  • 形式 - 4径間連続鋼鈑桁+3径間連続鋼鈑桁橋2連
  • 橋長 - 455.8 m
    • 最大支間長 - 48.350 m
  • 幅員 - 10.5 m
    • 車道 - 8.00 m
    • 歩道 - 2.50 m
  • 施工 - 川崎重工業・東日本鉄工・松尾橋梁
  • 竣工 - 1991年度(平成3年度)
  • 開通 - 1994年度(平成6年度)[3]

[1][2][4]

旧橋の諸元[編集]

篠ノ井橋(初代永久橋)

[2][5][6][7][8][9][10]

歴史[編集]

篠ノ井地域江戸時代には北国街道が通る交通の要衝であった。1872年明治5年)には千曲川の矢代(屋代)の渡しに12艘の船を並べ、長さ約80 m、幅約3 mの舟橋が架橋された。北国街道は1885年(明治18年)の内務省告示第6号國道表により国道5号に指定された。1889年(明治22年)には篠ノ井橋は木橋となり、1910年(明治43年)10月に仮橋に架け替えられた。この橋は橋長約270 m、幅員約3.6 mの県管理の橋で、国道と篠ノ井停車場の運輸が改善された[11][12]。この仮橋はまたの名を唐猫橋といい、平水時のみの木造投渡橋であった[2]

1919年(大正8年)4月に旧道路法が公布され、旧来の国道5号の長野県区間は国道10号に指定された。1923年(大正12年)2月28日に篠ノ井と屋代を結ぶ国道10号の篠ノ井橋の架設工事が着工され、取り付け道路工事の進捗が悪く、渡らずの橋などと揶揄されたが約4年後の1927年(昭和2年)10月に竣工し、11月22日に開通した。総工費は約55万4千円であり、道路費は約15万1千円を占めた。国庫から橋の建設費に3分の2、取り付け道路については2分の1の補助がなされた。永久橋の開通に対し、篠ノ井町長をはじめ、地元は冷ややかな受け止めであった[12]

この初代永久橋は増田淳の設計による[9][13]

その後、1972年(昭和47年)1月に約20 m下流側に架け替えされ[2]、旧橋は1985年(昭和60年)に撤去された[9]。さらに、交通量の増大に伴い、1986年度(昭和61年度)に更埴拡幅が事業化され、上流側に新篠ノ井橋が架設され、更埴拡幅は1994年度(平成6年度)に事業完成した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 管理橋梁の現況(平成29年度版) (PDF)”. 国土交通省 関東地方整備局 道路部 道路管理課. p. 55 (2017年12月). 2020年6月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 篠井橋1927-11-22”. 土木学会附属土木図書館. 橋梁史年表. 土木学会. 2020年6月17日閲覧。
  3. ^ a b c 新国道上田篠ノ井間経過概要 (PDF)”. 千曲市. 2020年6月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 橋梁年鑑 平成5年版 (PDF)”. 日本橋梁建設協会. pp. 49, 194, 195. 2020年6月17日閲覧。
  5. ^ 改修の歴史と変遷”. 千曲川・犀川と生きた100年. 国土交通省 北陸地方整備局 千曲川河川事務所. 2020年6月17日閲覧。
  6. ^ 内務省土木試験所『本邦道路橋輯覧』内務省土木試験所、1926年3月10日、15, 68。doi:10.11501/10201432020年6月17日閲覧。
  7. ^ 西池氏文「國道十號線篠ノ井橋架設工事の概要 (PDF) 」 『道路の改良』第6巻第6号、道路改良会、1924年6月、 66 - 68頁、2020年6月17日閲覧。
  8. ^ 篠ノ井橋竣功式 (PDF) 」 『道路の改良』第10巻第1号、道路改良会、1928年1月、 197 - 198頁、2020年6月17日閲覧。
  9. ^ a b c 福井次郎「橋梁設計技術者・増田淳の足跡 (PDF) 」 『土木史研究 講演集』第23巻、土木学会、2003年、 385 - 393頁、2020年6月17日閲覧。
  10. ^ 福井次郎「長野県統計書に見る明治・大正時代の長野県道路橋架設状況について (PDF) 」 『土木史研究 講演集』第25巻、土木学会、2005年、 297 - 306頁、2020年6月17日閲覧。
  11. ^ 篠井橋1910-10”. 土木学会附属土木図書館. 橋梁史年表. 土木学会. 2020年6月17日閲覧。
  12. ^ a b 西澤安彦. “写真は語る 長野市公文書館資料【昭和(戦前)】(2/3) (PDF)”. 長野市公文書館. pp. 18 - 19. 2020年6月17日閲覧。
  13. ^ 信濃の橋刊行会『信濃の橋百選』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、初版、74頁。ISBN 978-4-7840-7166-1。