篠原寛明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

篠原 寛明(しのはら ひろあき、1958年 - )は日本の工学者富山大学教授。専攻は生命電子工学、バイオセンサー工学。

略歴[編集]

論文[編集]

  • 鈴木淳也,守井清吾,篠原寛明,広林茂樹,「移動する音源によるアルファベット形状の提示」,The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 67(12), J441-J447, 2013
  • 中林美奈子,鈴木麻希,柴田佳奈子,水橋隆志,寺村一孝,山口昌樹,成瀬優知,篠原寛明,「唾液アミラーゼと首尾一貫感覚(SOC)との関連 -ストレス対処能力の指標」,日本生理人類学会誌 14(3), 109-116, 2009
  • 篠原寛明,「ケミカルCCDを用いるバイオエレクトロニクスセンサの開発」,マテリアルインテグレ-ション 21(5・6), 312-316, 2008
  • S.M.Z.Hossain, H.Shinohara, F.Wang, H.Kitano, Real-time detection of L-glutamate released from C6 glioma cells using a modified enzyme-luminescnce method, Anal. Bioanal. Chem., 389, 1961-1966 (2007).
  • H. Shinohara, F. Wang, Real Time Detection of Dopamine Released from Nerve Model Cell by Enzyme-Catalyzed Luminescence Method and Its Application to Drug Assessment, Analytical Sciences, 23, 81-84 (2007).
  • H.Hamada, N.Kameshima, A.Szymanska, K.Wegner, L.Lankiewicz, H.Shinohara, M.Taki, and M.Sisido, Position-Specific Incorporation of Highly Durable and Blue-Laser Excitable Fluorescent Amino Acid into Proteins for Fluorescence Sensing, Bioorganic & Medicinal Chemistry, 13, 3379-3384 (2005). 
  • 篠原寛明,藤井 朗,バイオエレクトロニクスインターフェイスシステム,BIO INDUSTRY, 22 (10), 15-26 (2005).  
  • 篠原寛明,タンパク質材料,ナノマテリアルハンドブック(国武豊喜監修:NTS,東京)第10章第2節1. pp.756-771 (2005).  
  • A.Fujii, H.Shinohara, T.Hohsaka, and M.Sisido, Synthesis and Characterization of Mutants of Streptavidin in Which a Nonnatural Amino Acid Carrying Ferrocenyl Group was Incorporated at a Specific Site, in “Biomolecular Chemistry, A Bridge for the Future (Proc. of the ISBC 2003)” Scientific Program Committee of ISBC 2003, Editor, pp.292-293, MARUZEN Co. Ltd., Tokyo (2003).
  • H. Shinohara, Y. Okamoto, and M. Sisido, Simple Biosensing for a Target Oligonucletide by Fluorescence Measurement Using Evanescent Wave, in “Biomolecular Chemistry, A Bridge for the Future (Proc. of the ISBC 2003)”Scientific Program Committee of ISBC 2003, Editor, pp.326-327, MARUZEN Co. Ltd., Tokyo (2003).
  • H.Shinohara, N.Uchida, A. Fujii, and M. Sisido, Addition of Redox Function to Streptavidin by Chemical Conversion of the Tyrosine Residues to 3-Aminotyrosine Residues, J.Electroanal. Chem., 543, 201-205 (2003).
  • 篠原寛明,「バイオエレクトロニクスデバイスのための人工電子伝達ペプチド・蛋白質の設計」, 化学工業 53(7), 528-535, 2002
  • 有馬二朗,田村隆,篠原寛明,「L-グルタミン酸オクシターゼを用いたグルタミン酸センサーの開発及びGOT/GPTセンシングヘの応用」,岡山大学農学部学術報告 91, 15-22, 2002
  • 篠原寛明,「光に応答して作用が変わる生理活性ペプチド」,高分子 50(7), 457, 2001
  • 篠原寛明,芳坂貴弘,宍戸昌彦,「非天然アミノ酸を部位特異的に導入した電子機能性タンパク質の創製」,電気化学および工業物理化学 68(5), 352-355, 2000
  • 篠原寛明,「バイオセンシングとバイオエレクトロニクスの新しい流れ」, Bioscience & industry 58(3), 39-40, 2000
  • 張海黔,篠原寛明,宍戸昌彦,「自己集積化単分子膜電極における疎水性メディエーターの選択的酸化還元反応とその高性能酵素センサへの応用」,電気化学および工業物理化学 67(12), 1206-1208, 1999
  • 篠原寛明,「水晶振動子マイクロバランスを用いる動物細胞の接着・増殖モニタリングとその応用」,電気化学および工業物理化学 67(3), 280-284, 1999
  • 篠原寛明,「酸化還元タンパク質と半導体電極との界面電子移動-1-テクスチャ型酸化チタン薄膜電極上でのフラビン酵素の酸化還元反応」,電気化学および工業物理化学 61(7), p780-782, 1993
  • 篠原寛明,相沢益男,「神経機能の電気化学的制御」,電気化学および工業物理化学 61(2), p186-192, 1993
  • 篠原寛明,相沢益男,「導電性高分子電極を用いた高分子ゲルの微小電気刺激変形制御」,高分子論文集 46(11), p703-708, 1989
  • 篠原寛明,相澤益男, "Control of polymer gel morphology by small potential electric stimulation with a conducting polymer electrode." , 高分子論文集 46(11), 703-708, 1989
  • 相澤益男,篠原寛明,「人工神経」,高分子 38(7), 724-727, 1989
  • 篠原寛明,千葉恒雄,相澤益男,嶋田利郎,「手作りセンサーで光合成を見る」,化学と教育 35(6), 536-537, 1987
  • 相沢益男,千葉恒雄,篠原寛明,「電気化学吸着法によるタンパク質薄膜の形成とその応用」,日本化学会誌 1987(11), p2210-2213, 1987
  • 篠原寛明,千葉恒雄,相沢益男,「酵素固定化薄膜の電解合成とマイクロバイオセンサへの応用」,触媒 29(2), p70-73, 1987
  • 相澤益男,千葉恒雄,篠原寛明, "Preparation of thin protein membranes by the electrochemically controlled adsorption and its application." , 日本化学会誌 (11), 2210-2213, 1987
  • 篠原寛明,相沢益男,「導電性高分子膜によるアミノ酸透過の電気制御」,高分子論文集 43(10), p725-728, 1986
  • 篠原寛明,相沢益男,白川英樹,「構造制御電解重合ポリピロ-ル薄膜のシナプス前膜モデルへの応用」,日本化学会誌 1986(3), p465-469, 1986
  • 篠原寛明,相澤益男,白川英樹, "Structure-controlled electrochemical polymerization of polypyrrole thin film for a presynaptic membrane model." , 日本化学会誌 (3), 465-469, 1986
  • 篠原寛明,相澤益男, "Electrical control of amino acid permeation with a conductive polymer film." , 高分子論文集 43(10), 725-728, 1986
  • 相澤益男,篠原寛明,「目で見るガラス表面の疎水化」,化学教育 33(6), 480, 1985
  • 相沢益男,篠原寛明,白川英樹,「人工神経シナプス -神経トランスミッタ-の電気化学放出」,電気化学および工業物理化学 51(12), p951-952, 1983
  • 相沢益男,篠原寛明,渡辺滋,「SnO₂電極表面におけるCuクロロフィリンとポテンシャル障壁形成分子」,電気化学および工業物理化学 50(10), p854-855, 1982
  • 篠原寛明 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース