篠坂パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
篠坂パーキングエリア
篠坂PAスマートインターチェンジ
(仮称)
Shinosaka PA.JPG
下り施設
所属路線 E2 山陽自動車道
本線標識の表記 篠坂
起点からの距離 185.4 km(神戸JCT起点)
笠岡IC (5.3 km)
(6.3 km) 福山東IC
供用開始日 1988年昭和63年)3月1日
所在地 714-0077
(上り線)岡山県笠岡市篠坂1784番1
(下り線)岡山県笠岡市篠坂1484番11
テンプレートを表示

篠坂パーキングエリア(しのさかパーキングエリア)は、岡山県笠岡市篠坂の山陽自動車道上にあるパーキングエリアである。

広島県との県境近くに設置されている。

道路[編集]

歴史[編集]

年表[編集]

施設[編集]

上り施設、鏡獅子の像がある

上り線(岡山・神戸方面)[編集]

下り線(広島・山口方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 18台
    • 小型 26台
    • 車椅子用駐車場有
  • トイレ
    • 男性 大2(和式1・洋式1)・小5
    • 女性 5(和式3・洋式2)
    • 車椅子用 1
  • 自動販売機(災害対応型自動販売機)

[編集]

E2 山陽自動車道
(20)笠岡IC - 篠坂PA/SIC(SICは事業中) - (21)福山東IC

スマートインターチェンジ[編集]

笠岡市への定住促進策の一つとして、スマートインターチェンジ(SIC)の設置が事業中である[3][1]2025年令和7年)度に供用開始予定である[4]。当パーキングエリアの東側には岡山県道377号山口押撫線の新道が、また西側には岡山県道・広島県道3号井原福山港線広島県道379号坪生福山線が通っており、山陽自動車道と笠岡市西部および井原市南西部、広島県福山市東部とのアクセス改善や、福山東ICの混雑緩和が期待されるため、岡山県庁ウェブサイトにインターチェンジの併設を求める意見が寄せられていた[5][6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b “山陽道篠坂PAにスマートIC 笠岡市が導入検討”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2016年6月15日). オリジナルの2018年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180809152736/https://www.sanyonews.jp/article/366109/1/ 2016年6月17日閲覧。 
  2. ^ “【岡山】笠岡市 山陽自動車道吹田山口線の笠岡IC〜福山東IC間の(仮称)篠坂PAにスマートインターチェンジの整備を計画”. 地方建設専門紙の会. 建通新聞社(岡山) (建通新聞社). (2019年4月8日). オリジナルの2019年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190408125102/http://www.senmonshi.com/archive/02/02E88JiYOLYNZ8.asp 2019年4月8日閲覧。 
  3. ^ a b 高速道路会社への事業許可およびスマートインターチェンジの準備段階調査への採択等を行いました (PDF)”. 国土交通省道路局 (2020年10月23日). 2020年10月24日閲覧。
  4. ^ a b 笠岡・篠坂PAにスマートIC 国交省が新設許可 25年度開始へ”. 山陽新聞 (2020年10月23日). 2020年12月13日閲覧。
  5. ^ 県民の皆さんから寄せられたご意見・ご提言 (平成16年11月) : 山陽自動車道篠坂パーキングエリアへのインターチェンジ新設について”. 岡山県庁 (2004年11月). 2005年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月23日閲覧。
  6. ^ 「県政への提言」に寄せられた御意見・御提言(平成26年4月分) : 井原市、笠岡市への企業誘致について”. 岡山県庁 (2015年4月). 2016年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月17日閲覧。

関連項目[編集]