篠宮敏久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
篠宮 敏久
Toshihisa Shinomiya.jpg
基本情報
本名 篠宮 敏久
通称 プロフェッショナルグラップリング篠宮組
綱島の巨人
綱柔が誇る最強寝技師
俺だけのグランドスラム
グラップリングファンタジスタ
国籍 日本の旗 日本
所属 綱島柔術
→綱島柔術アカデミー
身長 0cm[1]
体重 69.85kg[1]
階級 ライト級
バックボーン ブラジリアン柔術
テーマ曲 勝利の笑みを 君と
ウカスカジー
テンプレートを表示

篠宮 敏久(しのみや としひさ)は、日本男性総合格闘家ブラジリアン柔術家。綱島柔術アカデミー所属。

来歴[編集]

グラップリング[編集]

大学時代体育科であったことからレスリング柔道の下地はあったもの、部活的に以後も体を動かしたいとブラジリアン柔術を開始。2009年には柔術大会「デラヒーバカップ」アダルト紫帯レーヴィ級で優勝[2]

2010年1月17日大森ゴールドジムで行われた「SWAT!-GXトーナメント」でプロデビュー。一回戦、浅野誉也戦は判定負け。その後、SWAT!およびZSTのGT-F(グラップリングルール)の試合で活躍する。2014年1月にはGT-Fオープントーナメントで、総合格闘技を退いた戸井田カツヤと対戦。

2016年9月18日にZST GTルールでの小林孝秀戦に出場し、引き分け[3]

プロレス[編集]

後述するようにプロレス好きであるため、草プロレス団体である「RAW」には初期から参加。2007年4月29日板橋区小豆沢体育館で行われたRAWプレ旗揚げ戦VOL.6「GO TO RAW!」における大龍犬作戦でアマチュアプロレスデビュー[4]

また、プロとしても2012年2月に西調布格闘技アリーナで行われた「U-FILECAMPvsZST」大会における小林裕戦を経験[5](ただしこの試合はZSTグラップリングルールによって行われている)。

2014年8月23日DDT主催の「ハードヒット ~G-generation~」において川村亮シバター組を相手にタッグマッチ初挑戦(パートナーは勝村周一朗[6]。勝村の誘いにより、2015年1月18日シアタープロレス花鳥風月ブランドの一つである「シアタープロレス鎌倉花鳥風月」旗揚げ戦に参戦。花鳥風月格闘ファイト(のちの月闘ルール)でHAMATANIと激突。辛くも勝利も、パワーボムを初被弾。以降、月闘の常連となる。

プロレス好きを公言しているためか、ZSTにおいても元プロレスラー・澤宗紀との対戦が実現した[7](グラップリングルール、3分2R終了のため引き分け)。 7月5日、 花鳥風月USTREAMにおいて同団体の7月20日・王子大会においてのジ・ウインガー戦が発表される(当日行われたのは、ウインガー&川島真織戦。パートナーはHAMATANI)。アマチュアプロレスやプロレスラーとの異種格闘技戦は経験済みなものの、プロレスのリングでプロレスラーと、プロレスルールで対戦するのは初となる。

2015年後半より、ヒール軍団「オウンゴール」に加入。リングネームを「黒い篠宮」として、神楽やウルフ・スター☆の後ろに控える剣客的ポジションを勤める。

人物・エピソード[編集]

  • 趣味はプロレス観戦とプロレスごっこ[8]。回ったり跳ねたりお菓子を配ったりするのも趣味[9]であり、お客さんを楽しませるというプロ意識は高い。
  • 勝村周一朗セコンドに着いた際には、ペットボトルの栓を固く締められ、インターバル中に水分補給できない、というのがお約束となっている。

得意技[編集]

篠宮ポジションからの腕膝十字固め

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 0 2 0 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
金子陽一 2R 3:45 腕ひしぎ十字固め Zst - Swat! Gx10 ゴールドジムサウス東京アネックス 2012年9月2日
宮岡正人 3R 0:43 腕ひしぎ十字固め Zst - Swat! Gx8 ゴールドジムサウス東京アネックス 2011年3月6日

入場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Toshihisa Shinomiya MMA Stats, Pictures, News, Videos, Biography” (2009年10月25日). 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ デラヒーバカップ2009東京・初日の結果”. ブラジリアン柔術ニュースブログ (2009年10月25日). 2015年7月5日閲覧。
  3. ^ ~FIGHTING NETWORK ZST~ 「SWAT!156」”. ZST, ~FIGHTING NETWORK ZST~ (2016年9月18日). 2016年9月24日閲覧。
  4. ^ 2007/4/29 RAW試合結果です”. 草プロレス RAW 公式BLOG (2007年5月1日). 2015年7月5日閲覧。
  5. ^ Uスペ結果!”. 柴田正人のオフィシャルブログ 【シバタ・タイム】 powered by CORAZON (2012年2月26日). 2015年7月5日閲覧。
  6. ^ 8月23日ハードヒット新木場大会一部決定カード”. DDTプロレスリング公式サイト (2014年8月12日). 2015年7月5日閲覧。
  7. ^ 元プロレスラー澤宗紀が4/12「ZST CHALLENGE 140」参戦!ZSTオフィシャルサイト – ZST.jp”. ZSTオフィシャルサイト – ZST.jp (2015年3月31日). 2015年7月5日閲覧。
  8. ^ ZSTオフィシャルサイト : “プロフェッショナルグラップリング篠宮組”篠宮敏久インタビュー”. ZST.jp (2013年7月4日). 2015年7月5日閲覧。
  9. ^ 選手紹介”. 綱島柔術アカデミー. 2015年7月31日閲覧。

関連項目[編集]