篠崎三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
篠崎三郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ シノサキ サブロウ
ラテン文字 Shinosaki Saburo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 不明
没年月日 不明
選手情報
ポジション FW
ユース
慶應義塾大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1939,1940 慶應BRB
代表歴
1940[1] 日本の旗 日本 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

篠崎三郎(しのさきさぶろう、生没年不明)は、日本の元サッカー選手。大学生の時にサッカー日本代表としての出場経験があり、現役時代のポジションはフォワード

選手の経歴[編集]

篠崎は慶應義塾体育会ソッカー部に在籍し、1937年の全日本蹴球選手権大會(現:天皇杯全日本サッカー選手権大会)で、慶応義塾大学の初優勝を成し遂げた。彼はまた、慶應義塾大学の選手と卒業生で構成される母校の慶應BRBでもプレイし、津田幸男二宮洋一笠原隆と共に、1939年と1940年の天皇杯でも優勝した(以後、天皇杯は戦争で1941-1945年まで中断となる)。

代表歴[編集]

1940年6月16日、篠崎が慶応義塾大学に在籍する学生の時に、サッカー日本代表の選手として、フィリピン代表との試合に初出場した[1]。この試合は日本にとって1936年ベルリンオリンピック以降で最初の試合であり、第二次世界大戦の影響により1940年代に行なわれた唯一の日本の国際Aマッチ試合である。

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 1試合 0得点(1940)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1940 1 0 ? ? ? ?
通算 1 0 ? ? ? ?

脚注[編集]