簡優好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

簡 優好(かん まさよし、1972年2月25日 - )は、日本の短距離走の元選手で、400メートル競走に特化していた。千葉市出身。

彼は、1993年世界室内陸上競技選手権大会1995年世界室内陸上競技選手権大会において1600メートルリレー走で銅メダルを獲得した。

1998年にアジア選手権で銀メダルを獲得し、その後1998年のIAAFワールドカップで1600メートルリレー走のアジア代表として選ばれた。アジアチームのチームメイトには、イブラヒム・イスマイル・ファラージ、スガ・トティラカラトネ、そして日本の田畑健二がいて、6位になった。同年5月、彼は大阪で45.33秒のキャリアベストタイムを記録した。

実績[編集]

大会 会場 結果 種目 補足
Representing 日本の旗 日本
1990 World Junior Championships ブルガリアプロヴディフ 26th (h) 400m 48.49
7th 4×400m relay 3:07.58
1998 Asian Championships 日本福岡市 2nd 400 m 45.64

参照資料[編集]