米倉よし子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
米倉よし子
基本情報
性別 女性
国籍 日本の旗 日本
選手情報
種目 女子シングルス(WS)
女子ダブルス(WD)
混合ダブルス(XD)
主な戦績
国内大会 WS: 全日本総合優勝(1979)
WD: 全日本総合優勝(1979-84,86-87)
XD: 全日本総合優勝(1997)
経歴
所属 NTT東日本
日本ユニシス
 
獲得メダル
女子バドミントン
世界選手権
1980 ジャカルタ 女子ダブルス
ユーバー杯
1978 オークランド 女子団体
1981 東京 女子団体

米倉 よし子 (よねくら よしこ、現姓・田児 )は、日本の元バドミントン選手。全日本総合選手権で女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルス合わせて10回の優勝を記録した。夫の田児淳一も元バドミントン選手であり、08年から全日本総合・男子シングルスで6連覇を果たした田児賢一は息子。3人ともNTT東日本に所属していた。

監督歴[編集]

2007年 6月25日、日本ユニシスは7月2日に女子バドミントン部の創設し、その初代監督に田児よし子が就任すると発表した[1]

主な成績[編集]

国内大会[編集]

全日本総合選手権での主な成績は以下の通り[2]

大会 種目 成績 ペア
1979 全日本総合選手権 WS 1/優勝
1979 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1980 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1981 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1982 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1983 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1984 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1986 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1987 全日本総合選手権 WD 1/優勝 徳田敦子
1997 全日本総合選手権 XD 1/優勝 宮康二

国際大会[編集]

大会 種目 成績 ペア
1978 全英オープン WD 2/準優勝
1980 全英OP WD 2/準優勝

脚注[編集]

  1. ^ 女子バドミントン部創部のお知らせ”. 日本ユニシス. 2017年12月25日閲覧。
  2. ^ バドミントン全国大会 資料一覧”. 公益財団法人 日本バドミントン協会. 2017年12月24日閲覧。