米倉昌寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
米倉昌寿
時代 江戸時代後期
生誕 寛政5年1月11日1793年2月21日
死没 文久3年3月20日1863年5月7日
戒名 金陵竜渓昌寿院
墓所 東京都渋谷区の長谷寺
官位 従五位下丹後守
幕府 江戸幕府奏者番
主君 徳川家斉家慶家定家茂
武蔵金沢藩
氏族 朽木氏米倉氏
父母 父:朽木昌綱、養父:米倉昌俊
兄弟 唯之助、朽木綱方昌寿、福寿太郎
養兄弟:朽木倫綱
正室:間部詮熙の娘・(円成院)
継室:板倉勝長の娘・演暢院
朽木紘綱(五男)、昌言(六男)、池田頼誠(七男)、昌慧、安部信発(九男)、正直、昌邦、本多助実継室、恒子(朽木為綱正室)

米倉 昌寿(よねくら まさなが)は、江戸時代後期の大名武蔵国金沢藩の第7代藩主。六浦藩米倉家10代。

略歴[編集]

寛政5年(1793年)1月11日、丹波国福知山藩8代藩主・朽木昌綱の三男として誕生した。文化9年(1812年)6月10日、第6代藩主・米倉昌俊が死去したため、その養子として家督を継いだ。同年6月13日、第11代将軍・徳川家斉御目見する。

一橋門番や馬場先門番、和田倉門番、田安門番、竹橋門番などを歴任し、天保7年(1836年)11月に大坂京橋口定番となるが、天保9年(1838年)に不手際を起こして処罰されている。安政4年(1857年)閏5月1日、奏者番に就任する。万延元年(1860年)6月24日に六男・昌言に家督を譲って隠居した。

文久3年(1863年)3月20日、死去。享年71。

関連作品[編集]