米倉昌明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
米倉昌明
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝元年(1673年
死没 元禄15年4月25日1702年5月21日
改名 彦次郎(幼名)→昌明
別名 通称:忠右衛門
戒名 観性院殿覚海澄円大居士
墓所 東京都港区西麻布長谷寺
官位 従五位下丹後守長門守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
下野皆川藩
氏族 米倉氏
父母 米倉昌尹金森重義
兄弟 昌明、昌仲、女子
正室須田為景の娘
継室筒井忠助の娘
昌照(次男)、昌行(三男)、武田信常室、小堀政房正室
養女:松平忠周継室(鈴木助之進娘)

米倉 昌明(よねくら まさあきら)は、江戸時代前期から中期にかけての大名下野国皆川藩の第2代藩主六浦藩米倉家2代。

生涯[編集]

延宝元年(1673年)、初代主・米倉昌尹長男として誕生。天和2年(1682年)7月11日、第5代将軍・徳川綱吉と拝謁し、天和3年(1683年)9月25日に御書院番元禄5年(1692年)3月23日に小十人頭、元禄9年(1696年)3月29日に詰衆並となる。同年12月22日に叙任する。

元禄12年(1699年)、父の死去により家督を継ぐ。このとき、・昌仲(忠直)に3000石を分与している。

元禄15年(1702年)4月25日、死去享年30。跡を次男昌照が継いだ。