米倉氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

米倉氏(よねくらし)

武田氏の一族の米倉氏[編集]

米倉氏
家紋
米倉宗家の家紋 隅切り花菱
本姓 甲斐源氏
家祖 米倉信継
種別 武家
華族子爵
出身地 甲斐国
主な根拠地 甲斐国
著名な人物 米倉重継
米倉昌尹
米倉忠仰
支流、分家 石橋氏
凡例 / Category:日本の氏族

米倉氏(よねくらし)は、清和源氏甲斐源氏の一族。平安時代後期に甲斐国八代郡小石和筋米倉村[注釈 1]の地へ土着し、米倉氏を称する。支族に石橋氏がある。

出自[編集]

武田系図によれば、「奈胡十郎蔵人義行-義継-信継(米倉)」とある。奈胡義行は源清光(逸見清光)の子である。代々甲斐源氏の一族甘利氏に仕え、米倉の地から宮脇へ移住したという。

戦国期に米倉忠継武川衆の隊長となり、『甲陽軍鑑』によれば重継(丹後守)は信濃侵攻において甘利氏の旗下で活躍し、足軽大将になったという。重継は天正3年(1575年)の長篠の戦いにおいて戦死する。

武田氏の滅亡後は成瀬正一の庇護を受け、徳川家康に仕えた。江戸時代中期に取り立てられ、武蔵国金沢1万2千石の譜代大名となり、明治時代には子爵となった。

歴代当主[編集]

*米倉政継の代までは「」(つぐ)の字が、政継が昌純に改名して後は一時期を除き「」(まさ)の字が通字として用いられた。昌純の子・米倉昌尹の代からは近世大名として諸侯に列する。

  • 米倉信継(のぶつぐ)
  • (10代略)
  • 米倉重継(しげつぐ)- は宗継(むねつぐ)とも。丹後守。長篠の戦いで戦死。子に晴継・忠継・種継(信継)・豊継・利継・満継がいる。
  • 米倉晴継(はるつぐ)
- 重継の長男。武田晴信(信玄)より「晴」の字を与えられ、甘利信忠に属す。永禄12年(1569年4月28日薩埵峠の戦いの第二次合戦にて父弟に先立ち戦死。詳しくはこちらを参照。
  • 米倉忠継(ただつぐ) - 兄・晴継の死後、家督を継承。「忠」は甘利信忠の偏諱か。武川衆隊長。武田氏滅亡後は徳川家康に属す。詳しくはこちらを参照。
  • 米倉種継(たねつぐ) - 武川衆の一人。初代と同じく信継も名乗る。晴継・忠継の弟で、忠継の死後はその跡を継ぐ。子に清継(永時)・重種がいる。
  • 米倉清継(きよつぐ) - 武川衆の一人。諱は永時(ながとき)とも。子に義継(大坂の陣で戦死)・昌縄・政継(昌純)・昌継がいる。
  • 米倉昌純(まさずみ) - 初め政継(まさつぐ)。
  • 米倉昌尹
  • 米倉昌明
  • 米倉昌照
  • 米倉忠仰六浦藩初代藩主〕(初名は柳沢保教、柳沢吉保の六男)
  • 米倉里矩〔六浦藩第2代藩主〕
  • 米倉昌晴〔六浦藩第3代藩主〕
  • 米倉昌賢〔六浦藩第4代藩主〕
  • 米倉昌由〔六浦藩第5代藩主〕
  • 米倉昌俊〔六浦藩第6代藩主〕
  • 米倉昌寿〔六浦藩第7代藩主〕
  • 米倉昌言〔六浦藩第8代藩主、子爵〕
  • 米倉昌臧〔子爵、昌言長男〕[1]
  • 米倉昌達〔貴族院子爵議員、昌臧養嗣子、山口弘達三男〕[1]

葛西氏の重臣[編集]

米倉氏
No image available.svg
本姓 奥州千葉氏
家祖 米倉清村
種別 武家
出身地 陸奥国
主な根拠地 陸奥国
凡例 / Category:日本の氏族

奥州千葉氏を祖とし、葛西氏と縁組みその後臣下となる。その去就は中世武士団の典型的な形態を垣間見ることができ、居住した地が薄衣城・米倉舘、現在岩手県一関市川崎町で、米倉清村(薄衣内匠亮) が米倉氏とも名乗る。この清村の代に、南北朝の戦乱がこの地にも波及、主の葛西氏と共に南三陸の熊谷氏と交戦、熊谷氏・千葉氏を追い、気仙沼市本吉町にその勢力を扶植する。

米倉清村が嘉暦元年(1326年)津谷村に移り、清村の次男、米倉持村(玄蕃)が本吉地域の津谷、大谷地域平磯、岩尻の三村を所領とし、建徳3年/文中元年/応安5年(1372年)に津谷村・獅子ガ舘(別名・津谷館)に居住する。以降、本吉・米倉氏が発展、主の葛西氏の滅亡する天正18年(1590年)まで、約260年余この地域で、権勢を振るった。代々通字に「持」もしくは葛西氏に関連して「清」の字を充ててきた。持村の子が本吉町北辺へ進出、岩尻・堀合舘・米倉氏の流れも出た。

豊臣秀吉奥州仕置による葛西氏滅亡の折には、宮城県和渕の陣に米倉右近行友(本吉郡津谷)名が見え、蒲生氏郷の軍勢と戦っている。主の葛西氏滅亡後、帰農したが、後仙台藩伊達氏に500石取りの平士として召抱えられる。江戸の品川屋敷にも勤番していた記述があり、品川近習・米倉清太夫持信。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、833頁。

参考文献[編集]