米倉里矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
米倉里矩
時代 江戸時代中期
生誕 享保18年8月6日1733年9月13日
死没 寛延2年3月6日1749年4月22日
改名 鍋三郎(幼名)→里矩
戒名 桃雲元珠真髯院
墓所 東京都港区西麻布の長谷寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
武蔵金沢藩
氏族 米倉氏
父母 米倉忠仰:堀井氏娘(香雲院)
養子昌晴(米倉昌倫次男)

米倉 里矩(よねくら さとのり)は、江戸時代中期の大名武蔵国金沢藩の第2代藩主。六浦藩米倉家5代。

略歴[編集]

享保18年(1733年)8月6日、初代主・米倉忠仰長男として誕生。享保20年(1735年)5月18日、父の死去により、家督を継いだ。

忠仰の実兄で伯父柳沢吉里より偏諱を受けて里矩と名乗る。しかし、里矩の年齢を9歳と詐称していたことが判明したため、幕府は重臣らを柳沢吉里に預けるなどの処罰を行った。年齢詐称は、里矩があまりに幼少であったことから、家督相続を幕府に認められないことを恐れたためと考えられる。延享3年(1746年)3月に9代将軍・徳川家重御目見したが、寛延2年(1749年)3月6日に17歳で死去した。

子が無かったため、養子・昌晴が跡を継いだ。