国際キフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際キフ
Koyamada International Foundation
KIF.png
略称 KIF(キフ)
設立年 2008年3月10日
設立者 小山田真
ニア・ライト
種類 非営利公益法人
地位 米国内国歳入法501(c)(3)認定
目的 世界平和、相互理解、持続可能な開発を促進するために、人道援助を提供し、グラスルーツで市民交流の国際関係を強化し、世界の青年女性の才能を最大限に引き出すことによって、人々の生活の質を向上。
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
貢献地域 全世界
公用語 英語
事務総長 ニア・ライト
会長 小山田真(総裁)
提携 全米国際姉妹都市協会 (SCI)
国際青年会議所 (JCI)
アムダ (AMDA)
関連組織 キフジャパン
ウェブサイト koyamada.org
過去名 米国コヤマダ国際機構
The Shin Koyamada Foundation

国際キフ(きふ、:「KIF」「Koyamada International Foundation」、略称:キフ)は、米国内国歳入法501(c)(3)に承認された非営利公益法人2008年3月10日に、小山田真とニア・ライトが共同設立[1][2]。各国のキフが加盟。国際本部は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス

目的は、世界平和、相互理解、持続可能な開発を促進するために、人道援助を提供し、グラスルーツで市民交流の国際関係を強化し、世界の青年女性の才能を最大限に引き出すことによって、人々の生活の質を向上。主なプログラムは、「青年リーダーシップ事業」「女性エンパワメント事業」「災害救済支援」「SDGs支援事業」「民間国際交流支援事業」「貧困・ホームレス支援事業」の6事業。アンバサダーは、ハリウッドスーパースターディラン&コール・スプラウス

経緯[編集]

ヒューストンにて、小山田真(当時24歳)と第41代アメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュらとチャリティーに参加

2003年に、小山田が映画「ラストサムライ」に準主演ハリウッドデビュー後、第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュハリウッド俳優チャック・ノリスが創設した武道を通じてテキサス州で若者達を支援する「キックスタート財団」、青少年向けに放課後プログラムを提供する「ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブ・オブ・アメリカ」、日米友好交流を推進する「全米日米協会連合」加盟団体、難病児童支援プロジェクト活動を行う「スターライト財団」等、その他数多くのチャリティー活動を個人として4年間、全米で活動を実施。

団体として、様々な非営利団体と組んでチャリティー活動範囲を拡大する為、2008年3月10日に、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで、小山田真とニア・ライトにより、米国内国歳入法501(c)(3)非営利公益法人として正式に設立。設立当時の団体名は、「THE SHIN KOYAMADA FOUNDATION」(SKF)だったが、2013年度に「KOYAMADA INTERNATIONAL FOUNDATION」(KIF:キフ)に団体名を変更。

2011年平成23年)3月11日に起きた東日本大震災の援助支援をきっかけに、日本橋キフジャパンを設立。

沿革[編集]

2008年〜2014年[編集]

2008年3月に、ロサンゼルスにて非営利公益法人国際キフを設立。

2009年に、イタリアにて、イタリア各地からベテラン武道関係者3000名以上が集結したの武道の祭典「マーシャル・アーツ・ツアー」(Martial Arts Tour) と連携、小山田会長がメインゲストとして抜刀術を演舞[3]。イタリアで全国放送。

同年に、カリフォルニア州立大学モントレーベイ校の大学生を対象に、小山田会長の青年グローバリリーダーシップ講演会を実施。200名前後の学生が集結。同年に、ダウンタウンロサンゼルスにてボランティアが集まり、ホームレスの家族や子供達を対象に、衣類や手作りの食物を提供。

2010年と2011年に、国や武術の流派を超えて国際交流、親善をはかり、デモや試合を見せる武道の祭典「全米武道祭」(全武祭)を主催[4][5][6]。 1000名以上の世界各国を代表する有名な宗家範士級の武道武術家達、武道関係者やサポーターがアメリカに一堂に集結。過去の代表国は、日本大韓民国アメリカ合衆国中華人民共和国イスラエルブラジル台湾エジプト[7]。2011年には、独立行政法人国際交流基金が共催[8]

2010年11月に、高輝度青色発光ダイオードを発明・開発した中村修二ノーベル物理学賞受賞者の講演会をロサンゼルスで実施。300名以上の日系人を中心としたアメリカ人が参加。

2011年に、東京日本橋にて、加盟団体「キフジャパン」が設立。きっかけは、2011年に3月11日に、東日本大震災発生時、日米キフ間で連携してアメリカのNPO、大学、個人などからの義援金を12万米ドル集め、被災県に全額寄付援助。また厚生労働省、日本総領事館ロサンゼルスと連携し、アメリカ現地の方達から提供された様々な支援物資を20フィートのコンテナに集め被災地に直送。その継続的な支援のため、福島県佐藤雄平知事や宮城県村井嘉浩知事から当機構に英語の感謝状が送られている。

また、キフジャパン設立後、2012年にアメリカ合衆国国務省の一環事業として、アメリカへの日本人留学生が激減する現状、小山田が駐日アメリカ合衆国大使館駐大阪・神戸米国総領事館在沖米国総領事館駐福岡アメリカ領事館主催で、若者を対象にした英語教育アメリカ海外留学支援のため東京大阪沖縄福岡岡山の中学校、高等学校、大学を中心に講演会や沖縄国際映画祭トークショーを開催[9][10][11][12][13][14]。その直後、国務省協力のもと駐日アメリカ在外公館と当機構が団体パートナーシップを組み、キフジャパンを通じてその後も、教育と文化交流支援を中心に全国で日米国際交流活動を継続している[15][16][17][18][19]

2013年に、団体名を「KOYAMADA INTERNATIONAL FOUNDATION」(KIF:キフ)に変更。

2013年に、ハリウッドスーパースターディラン&コール・スプラウス(テレビドラマスイート・ライフ)をアンバサダーとして任命。

2013年と2014年に、小山田真と一緒にハリウッドスターのディラン&コール・スプラウス国際大使が2週間近く地方を回り、毎年3000名以上の青年を対象としたトークショーや国際交流イベントを日米キフ主催「日米ディスカバリーツアー」で実施[20][21]。目的は、地域活性化、国際的意思向上、グローバルリーダー育成、観光地PR支援、日米友好関係の深化支援等[22][23][24][25]。300万人のSNSファンやサポーターへ世界配信。外務省駐日アメリカ合衆国大使館・総領事館、地方公共団体等後援。イオンモール全日空等協賛。

2015年〜2019年[編集]

2015年に、ネパールで発生した地震で被災したネパール人を救済支援する為、ネパールの非営利団体と協力し合い、アメリカで義援金を集め被災者に義援金を提供。

2016年に、国連本部で開催されたUNウィメン(UN Women)とコロンビア国連政府代表部共催セッションにて、ニア・ライト事務総長が特別参加し、国際女性問題について発言。国連幹部、国連大使、コロンビア政府幹部等参加[26]。 同年に、コロンビア共和国ボゴタに「キフコロンビア」発足。

2018年に、西日本豪雨にて、日米のキフで連携し、義援金や支援物資を被災者に提供。パートナー団体である全米国際姉妹都市協会とアメリカで連携し、加盟する全米自治体に情報配信。

同年に、コロラド州オーロラ市で開催された全米国際姉妹都市協会年次総会にて、イベントプログラムを全面支援。国連本部で開催された国際青年会議所主催グローバルパートナーシップサミットにて、女性のエンパワメントについて最終基調講演。300名関係者が参加。また、特定非営利活動法人アムダ (AMDA)と団体提携。各国で震災救済支援を連携。

2019年に、1月1日:全米国際姉妹都市協会(SCI)と団体提携。世界各国の地方公共団体と市民レベルでの国際交流を推進。

同年2月1日に、ブラジルサンパウロに、国際キフ加盟団体「キフブラジル」が設立。

同年2月22日に、各国で青年を対象に国際協力やSDGs支援事業等を実施。国際青年会議所主催「金沢会議」にて調印式。

同年2月28日に、国連機関が運営するツイッターと連携。小山田会長が特別ゲストとして当ツイッターに出演し、SDGsについて世界各国のフォロワーとライブで1時間質疑応答。1000万件のインプレッション達成。国際青年会議所 (JCI)と団体提携。

同年3月27日に、テキサス州サンアントニオで開催された「日本テキサス・リーダーシップシンポジウム」(Japan-Texas Leadership Symposium) にて、全米国際姉妹都市協会と国際キフが共催し、サンアントニオが主催都市、外務省後援。アメリカ合衆国副大統領夫人(セカンドレディ)のカレン・ペンス氏を始め、日米政府関係者、自治体関係者、民間外交官、市長や議員、企業経営者、文化パフォーマー、学生等を含む250名以上の著名な方々が参加。

活動内容[編集]

活動プログラムは、以下の6事業。各事業内に各プロジェクトが構成。各事業に関係する国際機関と団体提携し、グローバルリエゾンとして活動範囲と支援内容を各国に拡大。「民間国際交流支援事業」「青年リーダーシップ事業」「女性エンパワメント事業」「災害救済支援」「SDGs支援事業」「貧困・ホームレス支援事業」。

青年リーダーシップ事業[編集]

次世代若者たちがグローバル社会でより一層活躍するため、国際的に活躍している様々な業界のスピーカーによる講演会を実施。

過去に、日米間の青年を対象にリーダーシップ育成支援の為、日本各地をハリウッドスターが周り「日米ディスカバリーツアー」を実施。また、加盟団体は、該当国で現地の大学、高等機関等の教育機関と連携し、200名〜300名前後の青年を対象に国際講演会を実施。

女性エンパワメント事業[編集]

女性が夢を追うことができ、社会的生活を改善するため、女性に対するあらゆる形態の差別と暴力を撤廃し、女性の権利を促進し、擁護支援。

過去に、国連本部でUNウィメン(UN Women)、国連政府代表部、国連NGOが主催するセッションやイベントに国際キフの会長や事務総長が出席し、女性エンパワメントについて基調講演や発言を実施。

災害救済支援[編集]

世界各国の大災害緊急復旧の協力、支援を行い大震災時にボランティア派遣、支援物資や義援金などを集め被災地支援を実施。

過去に、2011年東日本大震災、2015年ネパール大地震、2018年西日本豪雨にて、義援金や支援物資を集め現地の被災者へ提供を始め、現地の情報配信も提携先やSNS等を通じて世界配信の実施。

2019年から提携先のアムダ国際連合経済社会理事会総合協議資格)等の国際NGOと連携し、現地の情報配信やボランティア、支援物資、義援金等の提供を強化。

民間国際交流支援事業[編集]

国境を越えた市民交流や国際理解の推進、国際的に地方活性化を促進する為、民間国際交流イベントを実施。

グラスルーツ国際交流[編集]

次世代青年を対象に、多文化・異文化の違いの相互理解を深め、尊重し合うためスポーツ文化教育を通じて国際交流事業を実施。

過去に、アメリカではスポーツを通じた「全米武道祭」を2年間主催。加盟団体は、該当国の大使館・総領事館と連携し、2国間の国際交流イベントを大使公邸や地方のホテルや会場で「アメリカンナイト」「イタリアンナイト」「コロンビアンナイト」等を実施。

姉妹都市国際交流[編集]

国境を越えた市民交流や国際理解の推進の為、海外の都市と姉妹都市提携を結ぶ地方公共団体が実施する市民レベルでの草の根国際交流事業(文化教育経済医療震災行政等)の支援。140各国と2,000件以上の姉妹提携を結ぶ全米自治体500件以上が加盟する全米国際姉妹都市協会(Sister Cities International)と日米を始め各国で連携し姉妹都市交流の促進支援。2019年3月に、サンアントニオにて「日本テキサス・リーダーシップシンポジウム」を全米国際姉妹都市協会と共催。

SDGs支援事業[編集]

2015年9月の国連総会で採択された17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」(SDGs/Sustainable Development Goals)を支援。国連機関や国際NGOと連携。SNSを通じてフォロワーに世界配信。「ジェンダー平等」や様々な

ジェンダー平等[編集]

SDGsの開発目標5番目の「ジェンダー平等」を推進支援。国連本部にて国連機関、各国の国連政府代表部、国連NGO等が主催するジェンダー平等関連のセッションやイベントに出席し国際キフ関係者が基調講演や発言。

グローバル・パートナーシップ[編集]

SDGsの開発目標17番目の「グローバル・パートナーシップ」を推進する為、国際NGOと「グローバルパートナー」として提携。国際リエゾンとして各国で事業支援。

SNSタイアップ[編集]

国連機関が運営するツイッターと連携し、キフ幹部が特別出演し、SDGsについて世界各国のフォロワーとライブで1時間質疑応答。過去に1時間で1000万件のインプレッション達成の実績。

貧困・ホームレス支援事業[編集]

発展途上国の貧困問題と国内外のホームレス問題を解決支援する為、国内外の関係機関と連携し、貧困・ホームレス問題に関する認知向上や対策支援。目的は、被災地支援や恵まれない子供達や家族援助のため、関係機関や団体と連携を行いボランティア派遣や支援物資・義援金などを現地に支援。

1000 WAYS TO GIVE[編集]

世界の貧しい国や地域で生活する恵まれない子供達や家族への寄付、生活援護を目的。日常生活で必要がなくなった生活用品、衣類家具、インテリア雑貨、電化製品等を回収して、より良い生活環境の改善の為に恵まれない地域の住民やホームレスたちへ寄付。生きていく為には欠かせない飲料水や新鮮な水や食物などの寄付。これまでボランティアが集まりダウンタウンロサンゼルスで、ホームレスの家族やその子供達を対象に、衣類や食物を提供。

武道奨学金支援[編集]

12歳から24歳の若い世代へ武道奨学金の援助をする事業を目的。具体的に個々へ奨学金援助で、武道を通じて人格(心・技・体)の発展、健康の促進、国際交流を支援。これまでに、武道奨学金を援助した20歳のアメリカ人女性が、空手で全米優勝を果たしている。全米武道祭で集まった寄付金が、この奨学金にあてられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ @岡山市役所ー岡山市出身のハリウッド俳優 小山田真米国コヤマダ国際機構理事長の来訪
  2. ^ @岡山市ー広報連絡
  3. ^ @ilguerriero.it Martial Arts Tour L’evento dell’anno
  4. ^ @レドンドビーチ市公式サイトーUS Martial Arts Festival presented by The Shin Koyamada foundation
  5. ^ @The Film FilesーSHIN KOYAMADA’S INAUGURAL 2nd ANNUAL UNITED STATES MARTIAL ARTS FESTIVAL
  6. ^ @Cultural News-About accesible events of Japanese traditions - Martial arts festival at Redondo Beach Performing Arts, Nov 05
  7. ^ @UTB HOLLYWOOD-全米武道祭
  8. ^ @日米文化会館 (JACCC)ーUnited States Martial Arts Festival
  9. ^ @駐日アメリカ合衆国大使館CONNECTUSAーアメリカ大使館主催:「先輩が学生に伝えたい"アメリカの今":アメリカンドリームへの道」
  10. ^ @在福岡アメリカ領事館ー俳優 小山田真、留学を通してアメリカン・ドリームをつかむ
  11. ^ @宮崎公立大学ー国際交流本学でアメリカンセンターによる春休みイベントが開催されました!
  12. ^ @映画.COMーハリウッド俳優・小山田真、沖縄で人生設計の重要性を説く
  13. ^ @在福岡アメリカ領事館ー俳優 小山田真、留学を通してアメリカン・ドリームをつかむ
  14. ^ @在福岡アメリカ領事館ー「ハリウッド・ナイト」にてTOMODACHIへ180万円を越える寄付金
  15. ^ @山陽新聞ー岡山で日米文化教育国際交流会 総領事ら講演で交流訴え
  16. ^ @在福岡アメリカ領事館ーアメリカン・ドリームを追いかけて ~In Pursuit of the American Dream~
  17. ^ @岡山県立図書館ーアメリカ留学セミナー
  18. ^ @金蘭千里中学校ー小山田真さん講演会
  19. ^ @関西大学ー俳優の小山田真さんによる講演会を開催しました。
  20. ^ @門川大作京都市長サイトー日米の友好親善と相互理解を深める旅 日米ディスカバリーツアー2013
  21. ^ @京都おもてなし情報館ー京都国際観光大使・小山田真さんとスプラウス兄弟をお迎えしました。【松本美幸子大使】
  22. ^ @在福岡アメリカ領事館ーアメリカでの旅行や大学生活から学ぼう
  23. ^ @アメリカンビレッジー8月16日(金) 日米ディスカバリーツアー2013のお知らせ
  24. ^ @鹿児島国際化推進協議会ーディズニーチャンネルスター、そして国際交流活動
  25. ^ @沖縄インデックスー8月16日(金) 小山田真&スプラウスブラザーズ 北谷でサイン会・写真撮影会
  26. ^ @UN Web 国連本部のウェブサイトにて