米山リサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

米山 リサ(よねやま りさ、1959年 - )は、アメリカ合衆国の日本近現代史研究者、トロント大学教授。

文化人類学者米山俊直の一人娘として米国イリノイ州に生まれ、京都で育つ。上智大学文学部独文科卒、同大学院国際関係論修士課程修了、スタンフォード大学で博士号、1992年カリフォルニア大学サンディエゴ校準教授、トロント大学アジア学部教授。

著書[編集]

  • Hiroshima Traces : Time, Space, and the Dialectics of MemoryUniversity of California Press, c1999. Twentieth-century Japan
    • 『広島記憶のポリティクス』小沢弘明,小澤祥子, 小田島勝浩訳 岩波書店 2005
  • 『暴力・戦争・リドレス 多文化主義のポリティクス』岩波書店 2003

共編[編集]

  • Perilous Memories : the Asia-Pacific War(s) edited by T. Fujitani, Geoffrey M. White, and Lisa Yoneyama.Duke University Press,2001

翻訳[編集]

  • タカシ・フジタニ『天皇のページェント 近代日本の歴史民族誌から』日本放送出版協会 NHKブックス 1994

参考[編集]