米沢富美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

米沢 富美子(よねざわ ふみこ、女性、1938年10月19日 - 2019年1月17日[1][2])は、日本理論物理学者慶應義塾大学名誉教授。専門は物性理論、特に固体物理学アモルファス研究で国際的に知られる。理学博士京都大学)(1966年)。大阪府吹田市生まれ。旧姓名、奥 富美子

日本の女性科学者の草分けとして、一般向けの著書や発言も多い。

略歴[編集]

  • 1943年:お絵かきをしていた時、母から「三角形の内角の和は二直角」と教えてもらい衝撃を受ける。それがきっかけで数学に興味を持つようになる(母は学年で一番の成績を保ち、茨木高女(現在:大阪府立春日丘高等学校)を首席で卒業し、数学が得意だった。特に幾何の問題が得意で、春日丘高校を卒業後、主席教師方々からお茶の水女子大学も勧められたほどである。しかし、当時の女性教育については時代が熟しておらず、母は上級学校の進学を諦めざるを得なくなり、娘に数学を熱心に教え、夢を託した)。[要出典]
  • 1945年:出征中の父親がニューギニア・ソナムにて戦死。女4人の家庭の長女として育つ。なお、父が出征する前に、富美子は蓄音機に興味を持ちだし「(蓄音機の中に)小人がいるのではないか」と思い、わざと蓄音機を破損し、父に怒られてしまった。[要出典]
  • 1948年:小学校5年生のとき、知能テストでIQ175と判明[3]大阪府の小学校で1位の数値だった。[要出典]
  • 1950年:成績優秀につき、小学校卒業に際して大阪府知事賞を受ける。[要出典]
  • 1951年-1952年:中学1年から2年にかけて大阪の新日本放送(現・MBSメディアホールディングス)の「豆記者ホール」の記者として花柳有洸などの著名人のインタビューを行う。中学時代は数学部に所属し、高校課程の数学の多くを修得した。[要出典]
  • 1957年大阪府立茨木高等学校卒業。高校時代は文芸部に所属し、詩や小説を執筆していた。[要出典]
  • 1961年京都大学理学部物理学科卒業。同年12月、京都大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程1年のときに結婚し、米沢姓となる。夫の米沢允晴は大学のサークル「エスペラント部」の部長で2年先輩であり、京都大学経済学部卒業後、山一證券に勤務していた。[要出典]
  • 1963年:6月、夫がロンドンに単身赴任。9月、夫を追いかけて渡英し、京大博士課程1年在学のままキール大学大学院に留学。ロイ・マクウィーニに師事。[要出典]
  • 1964年:1年間の英国留学を終えて日本に帰国。京大博士課程2年に復学。[要出典]
  • 1966年:1月、長女を出産。京都大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。夫の東京赴任に伴い、自身も東京に移り、東京教育大学物理学科に所属。朝永振一郎と会う。同年8月、京都大学基礎物理学研究所助手に採用され、長女と共に京都へ赴任。[要出典]
  • 1967年:8月、次女を出産。翌年にかけて、コヒーレントポテンシャル近似(CPA)に関する理論を発表。[要出典]
  • 1970年東京工業大学理学部助手
  • 1970年:1月、三女を出産。
  • 1972年夫のニューヨーク転勤に伴って[要出典]渡米。イェシヴァ大学の客員研究員となり、ジョー・レボヴィッツの研究室で2年間を過ごす。
  • 1974年ニューヨーク市立大学大学院センター客員研究員
  • 1975年:日本に帰国。
  • 1976年:京都大学基礎物理学研究所助教授
  • 1981年慶應義塾大学理工学部助教授
  • 1983年:慶應義塾大学理工学部教授。同年、乳癌で手術を受ける。
  • 1984年:乳癌で二度目の手術を受ける。
  • 1996年3月26日、夫が肝臓癌で病死。
  • 2004年:慶應義塾大学名誉教授
  • 2019年:1月17日、東京都内の自宅で心不全のため死去[1]。80歳没。
学外における役職
その他

発言・エピソード[編集]

受賞・栄典[編集]

専門[編集]

著書[編集]

  • 『ブラウン運動』共立出版 物理学one point 1986
  • 『アモルファスな話』岩波書店 1988
  • 『ランダムな構造に秩序をみる』三田出版会 ステアリングシリーズ 科学技術を先導する30人 1990
  • 『人生は夢へのチャレンジ 女性科学者として』新日本出版社 1991
  • 『複雑さを科学する』岩波科学ライブラリー 1995
  • 『科学する楽しさ 21世紀へのチャレンジ』新日本出版社 1996
  • 『科学の世界にあそぶ』オーム社 テクノライフ選書 1996
  • 『心が空を駆ける』新日本出版社 2000
  • 『二人で紡いだ物語』出窓社 2000 のち朝日文庫中公文庫
  • 『真理への旅人たち 物理学の20世紀』日本放送出版協会 NHK人間講座 2003
  • 『人物で語る物理入門(上、下)』岩波新書 2005-06
  • 『〈あいまいさ〉を科学する』岩波書店 双書時代のカルテ 2007
  • 猿橋勝子という生き方』岩波科学ライブラリー 2009
  • 『まず歩きだそう 女性物理学者として生きる』岩波ジュニア新書 2009
  • 『朗朗介護』朝日新聞出版 2011
  • 『金属-非金属転移の物理』朝倉書店 2012
  • 『人生は、楽しんだ者が勝ちだ』(私の履歴書)日本経済新聞出版社 2014
  • 『不規則系の物理 コヒーレント・ポテンシャル近似とその周辺』岩波書店 2015

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “米沢富美子氏死去=慶応大名誉教授・理論物理学”. 時事通信社. (2919年1月21日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012101206&g=soc 2019年1月22日閲覧。 
  2. ^ “米沢富美子さん死去 日本女性科学者の草分け的存在”. 朝日新聞デジタル. (2019年1月21日). https://www.asahi.com/articles/ASM1P6F02M1PULBJ011.html 2019年1月22日閲覧。 
  3. ^ その後、高校1年までに数回の知能テストを受けて常に170台をキープしていたが、「170台という数字は自分では不満で、実際には200以上でもとれたはずだと考えていた」「知能テストの問題は、どんなものかという大体の様子を一度知ってしまえば、出題者の意図が透けて見えるようになる。そういう場合には、出題者のIQまで推定できたりする」「問題作成時点で、170台以上のIQは想定されていなかったのだろう。問題数がもっとあれば、IQ200でも優に出せたのに、とずっと考えていた」と述べている(『まず歩きだそう』p.38-39)。
  4. ^ a b c d 米沢富美子「二人で紡いだ物語」(朝日文庫)p.306-310。
  5. ^ 天才型の物理学者 米沢 富美子さん