米沢武田家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

米沢武田家(よねざわたけだけ)は、甲斐源氏武田氏の分家の一つ。江戸時代出羽米沢藩上杉家に仕えた。

概要[編集]

甲斐信濃駿河等を領した戦国大名武田信玄の七男(六男説もあり)で武田勝頼の弟である武田信清(安田信清)は、現在の山梨県南アルプス市加賀美の法善寺で出家していたが後に還俗した。

天正10年(1582年)3月の武田氏の滅亡の際、織田軍から逃れて高野山に潜んだ。その後、姉菊姫の婿である越後の戦国大名上杉景勝を頼って越後に入国、家臣化した。これが米沢武田家のはじまりである。途中で越後本庄氏から養子を迎えたものの、会津時代・米沢時代も家名をまっとうし、明治維新を迎えた。現在も子孫が健在である。家禄は3300石から1000石、最終的には主家の減封により500石となった。

歴代当主[編集]

  1. 武田信清
  2. 武田勝信
  3. 武田信秀(本庄重長の三男、母は信清の娘)
  4. 武田信安(母は勝信の娘)
  5. 武田信全
  6. 武田信久
  7. 武田信福
  8. 武田信順
  9. 武田信明
  10. 武田信篤

関連項目[編集]

  • 武田信道 - 武田勝頼・信清の兄海野信親の息子で、高家武田家の実質的な祖。武田氏の滅亡後に信濃で潜伏していた。