米津政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
米津政明
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政13年7月26日1830年9月12日
死没 明治32年(1899年9月24日
官位 従五位下伊勢守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂
出羽長瀞藩
氏族 左衛門尉酒井家米津氏
父母 父:酒井忠器、養父:米津政易
兄弟 酒井忠発酒井忠中増山正修
市橋長和政易政明酒井忠寛
内藤信親正室、鏈(松平勝善正室)、
鏡子(五島盛徳正室)、
俊光院(松平忠精正室)、
猶(松平勝善継室)正室
養兄弟:松子松平輝承正室、黒田直侯娘)
政敏(長男)、酒井忠利(次男)

米津 政明(よねきつ まさあき)は、江戸時代後期の大名出羽国長瀞藩4代藩主。

略歴[編集]

文政13年(1830年)、庄内藩8代藩主・酒井忠器の十一男として誕生。

万延元年(1860年)5月9日、兄で3代藩主・政易の隠居により跡を継いだ。文久元年(1861年)12月に叙任する。幕末期の動乱の中では農民による兵隊を組織するなどしたが、藩内で攘夷討幕を求める声が上がり始めた上、これを抑えるだけの力がなかったため、慶応元年(1865年)12月11日、長男・政敏に家督を譲って隠居した。

明治32年(1899年)9月24日、死去。享年70。