米澤祥一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

米澤 祥一郎(よねざわ しょういちろう、1940年12月4日 - 2008年10月20日)は、日本実業家東京都出身。三井松島産業(現・三井松島ホールディングス)代表取締役社長。

人物・経歴[編集]

東京都出身[1]上智大学経済学部卒業[1]1964年東京貿易(現・東京貿易ホールディングス)株式会社に入社[2]。同社鉄鋼・原料本部本部長補佐等を歴任[2]1996年三井松島産業(現・三井松島ホールディングス)株式会社に入社[2]。その後、同社理事・取締役・常務取締役・代表取締役常務取締役等を経て、2003年に同社代表取締役社長に就任[2]。同社コンプライアンス委員長や経営企画委員長、内部統制委員長等を兼任[2]

2008年10月20日胆管細胞癌のため死去、67歳[1]。後任社長には、串間新一郎副社長を任命した[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c 米澤 祥一郎 プロフィール”. SPYSEE. 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e 三井松島産業株式会社 有価証券報告書 (PDF)”. 株主プロ. 2019年1月30日閲覧。
  3. ^ 【九州の礎を築いた群像】三井松島産業編(4)再建”. 産経ニュース. 2019年1月30日閲覧。