米田三星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

米田 三星(よねだ さんせい、1905年2月12日 - 2000年1月23日)は日本の小説家医師

人物[編集]

本名は庄三郎。奈良県吉野郡下市町生まれ。

1932年(昭和7年)、大阪帝国大学医学部卒業。1937年(昭和12年)、日華事変により応召、野戦病院付き軍医として、華北、華中を転々し、翌年、帰国。1945年(昭和20年)、奈良県立医学専門学校(現奈良県立医科大学)創設により、同校教授となり、1948年(昭和23年)、退職して診療所を開業する。

1931年(昭和6年)、投稿した『生きてゐる皮膚』が『新青年』に採用され、同年に他二編、翌年に一編を『新青年』に発表。他に『サンデー毎日』や『大阪時事新報』などにも作品を執筆していた。戦前では小酒井不木木々高太郎と並んで、その医学的素養をいかした作家で、作品数こそ少ないが、怪奇犯罪小説の面で忘れがたい作家の一人である。木々高太郎のデビュー作『網膜脈視症』を読んで創作意欲を失い、四編で筆を断っている。

作品[編集]

  • 生きている皮膚(『新青年』1931年(昭和6年)1月号掲載)
  • 蜘蛛(『新青年』1931年(昭和6年)6月号掲載)
  • 告げ口心臓(『新青年』1931年(昭和6年)9月号掲載)
  • 血劇(『新青年』1932年(昭和7年)4月号掲載)
  • 児を産む死人 (随筆)
  • 森下雨村さんと私 (随筆)