米田政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

米田 政明(よねだ まさあき、1950年 - )は、日本哺乳類学者。元一般財団法人自然環境研究センター研究主幹。九州大学比較社会文化研究科客員教授。

人物[編集]

1950年京都府出身。北海道大学農学部卒業。北海道大学大学院農学研究科博士課程修了[1]。国内の野生鳥獣の調査・保護管理計画に係わる一方、国際協力機構(JICA)専門家として、ボリビア、インドネシア、マレーシアで博物館および国立公園の管理運営に協力[1]。1979年 農学博士。「ノネズミ類の個体群動態とその捕食者に関する研究 : 自然植生地を含む農生態系における哺乳動物群集」[2]。 主な著書として『野生動物学概論』(共著、朝倉書店)[3]、『日本の哺乳類』(共著、東海大学出版会)[4]、『保全遺伝学』(共著、東大出版会)[5]などがある。

主要著書[編集]

  • 田名部雄一; 和秀雄; 藤巻裕蔵; 米田政明 (1995), 野生動物学概論, 朝倉書店, ISBN 9784254450101, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN12554548 
  • 阿部永; 石井信夫; 伊藤徹魯; 金子之史; 前田喜四雄三浦慎悟、米田政明(著) (2008), 自然環境研究センター, ed., 日本の哺乳類 改訂2版 阿部永(監修), 東海大学出版会, ISBN 9784486018025, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA86365346/ 
  • 小池裕子; 松井正文 (2003), 保全遺伝学, 東京大学出版会, ISBN 4130602136, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA6230666X 
  • 米田政明; 国際協力機構国際協力総合研修所 (2005), 保護区と地域住民の共生 : エコシステム・アプローチによる生態系保全と保護区管理の統合, JR 04-56 . 独立行政法人国際協力機構客員研究員報告書 ; 平成16年度, 国際協力機構国際協力総合研修所, ISBN 4902715481, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA73180982 

主要論文[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]