米田東吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

米田 東吾(よねだ とうご、1915年5月7日 - 1996年11月22日[1])は、日本の政治家。日本社会党衆議院議員(6期)。

経歴[編集]

新潟県出身。高等小学校卒。郵便局に入り、1951年全逓新潟本部委員長、全逓信越地区委員長、新潟県労組評議会議長を経て1967年第31回衆議院議員総選挙新潟1区から日本社会党公認で立候補して初当選。以来連続6回当選する。国会内では災害対策特別委員長を務めた。1983年第37回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界を引退した(後継者は関山信之)。1996年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1366頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。