粕川町膳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 群馬県 > 前橋市 > 粕川町膳
粕川町膳
—  町丁  —
膳城
粕川町膳の位置(群馬県内)
粕川町膳
粕川町膳
座標: 北緯36度25分5秒 東経139度13分19秒 / 北緯36.41806度 東経139.22194度 / 36.41806; 139.22194
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 群馬県旗 群馬県
市町村 前橋市の旗 前橋市
面積
 - 計 0.87km2 (0.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 - 計 781人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 371-0204[2]
市外局番 027[3]
ナンバープレート 前橋

粕川町膳(かすかわまちぜん)は、群馬県前橋市の地名。旧粕川村時代は、住所勢多郡粕川村大字膳の地域である。また、前橋市合併後は村名の粕川村が粕川町となり、そのあと大字名がつくため前橋市粕川町○○となる[4]。面積は0.87km2(2013年現在)[5]。郵便番号は371-0204[2]

地理[編集]

前橋市の東端、赤城山の南麓、粕川流域の東部に位置している。

歴史[編集]

戦国時代頃からあった地名である。江戸時代になると、はじめ大胡藩領、元和4年に前橋藩領、明和4年に幕府領を経て、安永8年からは出羽松山藩領だった。

年表[編集]

地名の由来[編集]

「膳」は「善」とも書いていた。由来は膳棚のように平らな土地が段になり連なっていることからとも、鎌倉時代の問注所執事三善氏の居城によるとも考えられている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
粕川町膳 295世帯 781人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
全域 前橋市立粕川小学校 前橋市立粕川中学校

経済[編集]

店・企業
  • 赤城鶏卵割卵工場
  • 北畠タイル工業
  • 小荷田建設
  • 後閑養鶏園
  • 武井商店
  • 日英住研
  • 箱田瓦店
  • 宮崎総合設備

交通[編集]

鉄道[編集]

膳駅

町内に上毛電気鉄道上毛線膳駅がある。

バス[編集]

赤城タクシーが運行を行っているデマンドバス方式のふるさとバスがある[7]

道路[編集]

県道群馬県道3号前橋大間々桐生線が通過。

施設・史跡[編集]

  • 膳城
  • 膳城跡公園
  • 粕川歴史民俗資料館
  • 粕川出土文化財管理センター

出典[編集]

  1. ^ a b 人口及び世帯数 - 町別住民基本台帳人口表”. 前橋市 (2017年9月5日). 2017年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 合併後の町名一覧”. 前橋市. 2015年10月11日閲覧。
  5. ^ 第2章 人口 - 前橋市 2015年10月11日閲覧。
  6. ^ 前橋市立小学校・中学校通学区域”. 前橋市 (2017年4月24日). 2017年9月16日閲覧。
  7. ^ ふるさとバス(デマンドバス・大胡,宮城,粕川地区)のご案内”. 前橋市. 2015年10月9日閲覧。

参考文献[編集]