粗品 (お笑い芸人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
粗品
本名 佐々木 直人
(ささき なおと)
生年月日 (1993-01-07) 1993年1月7日(26歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市中央区
血液型 O型
身長 180 cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 同志社大学中退
コンビ名 霜降り明星
相方 せいや
芸風 漫才コント(ツッコミ)・ピン芸
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社
活動時期 2011年 -
同期 コロコロチキチキペッパーズ
ZAZY
ネイビーズアフロ
きみどり
マユリカ
しゃかりき
ヒガシ逢ウサカ
男性ブランコ
ゆにばーす
公式サイト 霜降り明星 公式プロフィール
受賞歴
2012年 オールザッツ漫才 優勝
2019年 R-1ぐらんぷり 優勝

粗品(そしな、1993年1月7日 - )は、日本お笑い芸人である。お笑いコンビ・霜降り明星のメンバー。相方はせいや。本名、佐々木 直人(ささき なおと)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属。大阪NSC33期生扱い。実家は、焼肉屋を営んでいる。

来歴[編集]

コンビではツッコミ担当、立ち位置は右。大阪府大阪市中央区出身。同志社国際高等学校卒業。同志社大学中退。芸名には「『つまらないものですが…』と謙虚な姿勢で」の意味を込めている[1]。実家は焼肉屋(焼肉屋開店以前は海鮮料理屋)。焼肉屋を始めた後父親が他界し、父の遺した店を守るべく母親と粗品で切り盛りする。

同志社国際高等学校2年生の時に同級生とのコンビ「スペード」を結成し、ハイスクールマンザイに出場、決勝進出(当時の相方は現在、関西テレビ放送に勤務している)。高校3年生の時に初めて「R-1ぐらんぷり」に出場し、インディーズのライブにほんの少し出た程度の舞台経験しかなかったにも関わらず、ぶっつけ本番で準決勝に行けたことで、「俺、お笑い向いてるんちゃう?」と思ったことが芸人になっるきっかけとなった[2]。大学1年生のときにオーディションを受け、ピン芸人として吉本入り。2013年1月にお笑いコンビ「霜降り明星」を結成。当初はコンビでの活動時は本名の佐々木直人、ピン芸人としての活動時に芸名の粗品として使い分けていたが、暫くしていずれの活動も「粗品」の名前で統一するようになった。

趣味は、Clash of Clans、Twitter、麻雀、音楽(あやまんJAPANTHE HIGH-LOWS)、アニメ(主に『ひぐらしのなく頃に』、『涼宮ハルヒの憂鬱』、『とらドラ!』などの深夜アニメ)[3]。音楽に造詣が深く、邦楽ロック、アニソン、クラシック等幅広い知識がある。特技はタイピング、音楽全般(ピアノを2,3歳から、ギターを中一からやっている)、じゃんけん(2013年のカウントダウンライブで行われた5upよしもとに所属する約800名の芸人たちによるじゃんけん大会で優勝した)[4]。二歳からピアノを習っていて絶対音感があり、「本質で笑う声」、「芸人が好きだから笑っているだけの声」などの様々な種類の笑い声を聞き分けることができる[5]

顔を「スプーンに映った小栗旬」や「三面鏡の奥の方にいる小栗旬」、「汚い川の水面に映った小栗旬」と例えられる[6]

オールザッツ漫才2012』で行われたFootcutバトルに当時19歳で初出場にして優勝し、更にコンビで出場した『M-1グランプリ2018』とピン芸人として出場した『R-1ぐらんぷり2019』も優勝しいずれの大会も最年少記録となっている。

冷静で落ち着いた性格と一般的には思われがちだが非常に怖がりで、特にが大の苦手。驚いた時の声は非常に甲高い[7]

芸風[編集]

ピン芸としては「病院から抜け出してきた男」という設定のもと、パジャマ姿でハイテンポなフリップ漫談を行う。コンビではツッコミを担当。初期のルパン三世のコスチュームを舞台衣装としていたが、2017年頃から黒のスーツに黄色のネクタイを着用している。『R-1ぐらんぷり』出演時のピンの衣装は2018年では作務衣姿でのネタ披露をしていたが2019年には前の初期設定に戻していた。

賞レースでの戦績[編集]

出囃子[編集]

脚注[編集]