粟屋謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あわや けん
粟屋 謙
Mr. Ken Awaya.jpg
生誕 (1883-03-21) 1883年3月21日
東京府(現・東京都
死没 (1938-04-02) 1938年4月2日(55歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学法科大学
職業 官吏
団体 大日本職業指導協会
肩書き 従三位勲二等
配偶者 米子(藤岡市助次女)
子供 (長男)、綾子(長女・永野俊夫妻)、正子(次女・高嶋英一妻)、治(次男)、保(三男)、和子(五女・森川和信妻)、信(四男)、義子(六女)、博

粟屋 謙(あわや けん、1883年明治16年)3月21日 - 1938年昭和13年)4月2日)は、日本の文部官僚滝川事件当時の文部次官山口県下関市長府出身。長府藩報国隊を組織した野々村勘九郎の孫。

経歴[編集]

旧長府藩士、教員・粟屋平一の長男として東京で生まれる。豊浦中学第三高等学校を経て、1907年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)卒業し大学院に進む。同年7月、内務省に入省し東京府属となる。同年11月、文官高等試験に合格。以後、内務属、茨城県事務官を歴任。

1911年5月、文部省に転じ文部書記官兼文部省参事官に就任。1913年、宗教局が内務省から文部省に移管されたのを機に、宗教法制定に尽力。名古屋高等商業学校校長事務取扱、文部省宗教局長、同実業学務局長、同専門学務局長等を経て、1927年~29年、1931年~34年文部次官。1932年国民精神文化研究所初代所長(代行)。1934年恩賜財団愛育会の設立に文部次官として参画。従三位勲二等。

親族[編集]

粟屋謙

参考文献[編集]

  • 豊浦高等学校沿革史編纂委員会編『豊浦高等学校沿革史』豊浦高等学校、1964年。
  • 秦郁彦編 『日本近現代人物履歴事典』 東京大学出版会、2002年5月、ISBN 4130301209。

関連文献[編集]

  • 「粟屋謙君」(井関九郎撰 『現代防長人物史 人』 発展社、1917年12月)
    • 井関九郎編 『近代防長人物誌 人』 マツノ書店、1987年2月
  • 『職業指導』第11巻第5号、大日本職業指導協会、1938年5月
公職
先代:
中川健蔵
松浦鎮次郎
日本の旗 文部次官
日本の旗 教員検定委員会会長
日本の旗 維新史料編纂事務局長
日本の旗 学校衛生調査会会長

1931年 - 1934年
1927年 - 1929年
次代:
三辺長治
中川健蔵
先代:
(新設)
日本の旗 国民精神文化研究所長事務取扱
1932年 - 1934年
次代:
所長
関屋竜吉
その他の役職
先代:
赤司鷹一郎
大日本職業指導協会理事長
1933年 - 1938年
次代:
会長
松浦鎮次郎