精華小学校 (私立)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
精華小学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人神奈川学園
校訓 人のおせわにならぬよう 人のおせわのできるよう
設立年月日 1922年
創立記念日 5月17日
創立者 佐藤善治郎
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 221-0844
神奈川県横浜市神奈川区沢渡18
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

精華小学校(せいかしょうがっこう)は、神奈川県横浜市神奈川区沢渡に所在する私立小学校

神奈川県内屈指の受験校として、毎年多くの卒業生を首都圏の難関中学校に輩出している。隣接の神奈川学園中学校・高等学校は、系列校である。

概要[編集]

1914年4月2日に横浜実科女学校(現:神奈川学園中学校・高等学校)を開校させた佐藤善治郎により、1922年4月に開校。

校訓は、「人のおせわにならぬよう 人のおせわのできるよう」。校歌(1956年完成)は、二宮龍雄の作詞、斎藤高順の作曲による。

沿革[編集]

  • 1922年 - 4月、精華小学校が現在地にて開校。1〜3年生の計11名が入学。
  • 1923年 - 9月1日、関東大震災が発生するが、精華小学校の校舎は倒壊・類焼はなかった。
  • 1926年 - 第1回卒業式を挙行。
  • 1927年 - 同窓会「大松会」が発足。
  • 1941年 - 第二次世界大戦に伴い、校名を精華初等学校へ改称。後に、精華学校へ改称。
  • 1944年 - 8月20日から、足柄下郡豊川村(当時)へ学童疎開
  • 1945年 - 5月29日、横浜大空襲により校舎が全焼。10月27日から、慈雲寺で授業を再開。
  • 1947年 - 校名を精華小学校へ戻す。慈雲寺から横浜市の校舎へ戻る。5月17日、校舎復興祝賀式を挙行。またこれにちなみ、5月17日を創立記念日に制定した(「創立○周年の日にちは、1922年5月17日を起点にカウントする)。
  • 1956年 - 校旗、校歌が完成。

歴代校長[編集]

  • 初代 - 佐藤善治郎(1922年 - 1938年)
  • 第2代 - 岸田与一(1938年 - 1969年)
  • 第3代 - 佐藤実(1969年 - 1972年)
  • 第4代 - 黒澤信吾(1972年 - 1985年)
  • 第5代 - 瀧澤泰山(1985年 - 1992年)
  • 第6代 - 佐々木道彦(1992年 - 2006年)
  • 第7代 - 佐藤恒広(2006年 - 2010年)
  • 第8代 - 小川正(2010年 - 2012年)
  • 第9代 - 大庭照雄(2012年 -2018年)
  • 第10代–大野達夫(2018年-)

所在地[編集]

系列校の神奈川学園中学校・高等学校と同敷地に位置しており、「沢渡18」の所在地を共有する。

また、北方では神奈川朝鮮中高級学校横浜朝鮮初級学校と隣接する。

交通[編集]

関連項目[編集]