糜夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

糜 夫人(び ふじん、生没年不詳)は、中国後漢末期の人物。三国時代劉備の妻の一人。徐州東海郡朐県(現在の江蘇省連雲港市東海県)の出身。兄は糜竺糜芳

生涯[編集]

糜竺の一家は資産家で、小作人を一万人抱えていたという。

196年、劉備が徐州牧だった時、袁術との戦闘で出払っている隙に呂布下邳に攻め込んで来て、これを占領した。劉備の妻子は呂布軍に奪われた。この時、糜竺は劉備を援助するため、多額の金銭や二千人の小作人とともに、自分の妹を劉備の妻として贈った。この贈られた妹が糜夫人である。しかし2年後、家族は再び捕虜にされた。

呂布亡き後、劉備は家族を再び取得した。しかし翌年、劉備が曹操と争うようになると、曹操は下邳に攻め込み、関羽とともに劉備の妻子を捕虜にした。この妻子の中に糜夫人も含まれていたと思われる。

三国志演義における糜夫人[編集]

小説三国志演義においても、正史と同様に糜竺の妹として劉備の妻となる。劉備と曹操が敵対した際、攻め込んできた曹操に捕らわれるのは同じであるが、以降は正史とは違い捕らわれたままにならず、一緒に捕らわれていた関羽が曹操の元から辞するのに従い、曹操の元から離れている。その後は関羽や劉備らとともに行動し、劉備が荊州劉表の元に身を寄せるのに従っている。

劉備とその一団は劉表から新野城(現在の河南省南陽市新野県)を与えられその地に居住するが、劉表の死後に曹操が荊州に侵攻してくる情勢となると、新野を捨て襄陽(現在の湖北省襄陽市襄州区)、次いで江陵(現在の湖北省荊州市荊州区)へと落ち延びていく。

しかし、長坂に差し掛かったころで曹操軍に追い付かれてしまい、混乱した戦場の中で、糜夫人は幼い阿斗(後の劉禅)とともに劉備と離れ離れになる。それを趙雲が探し出して救出しようとするが、趙雲が糜夫人と阿斗を探し出した時には、既に糜夫人は左の腿を槍で突かれ負傷していたため、自らが足手まといになるのを恐れ、阿斗を趙雲に託し、井戸に身を投げ自殺してしまうことになっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]