糸井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
糸井駅
JR Muroran-Main-Line Itoi Station building.jpg
駅舎(2017年9月)
いとい
Itoi
H21 錦岡 (5.2km)
(2.2km) 青葉 H19
所在地 北海道苫小牧市日吉町3丁目
駅番号 H20
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 130.6km(長万部起点)
電報略号 イイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
542人/日
-2015年-
開業年月日 1917年大正6年)6月1日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示

糸井駅(いといえき)は、北海道苫小牧市日吉町3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。駅番号H20電報略号イイ

歴史[編集]

1975年の糸井駅と周囲約500m範囲。左が東室蘭方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

所在地区名より。アイヌ語の「コイトゥイェ[1]」(波が・崩す)、あるいは「コイトゥイェイ[2]」(波が・崩す・所)に由来する。苫小牧市史によれば、海岸で土地が低く、時化で浸食され、土地が削られたためにこの名称とされた[3]

なお、地区名は当初「小糸魚」であったが、1944年(昭和19年)に字名を「糸井」に改称している[3]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。複線の本線がホームにはさまれている形である。駅舎は南側(国道36号側)にあり、北側を結ぶ跨線橋がある。

苫小牧駅管理の簡易委託駅。窓口営業時間6時00分 - 16時30分。基本的には駅舎内の出札窓口で乗車券を発売するが、苫小牧方面行の列車がある際には苫小牧方面行ホームで発売している。

折り返し設備がないため、当駅発着の列車は旅客扱い終了後、錦岡駅まで回送し折り返す。

利用状況[編集]

1日の平均乗降人員は以下の通りである。[4][5]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2011 512
2012 510
2013 532
2014 494
2015 542

駅周辺[編集]

駅北口では2015年(平成27年)に「苫小牧糸井駅北口・総合開発事業」による周辺整備が行われた[6]

南口(駅舎側)
北口

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線
錦岡駅 (H21) - 糸井駅 (H20) - 青葉駅 (H19)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: koy-tuye
  2. ^ アイヌ語ラテン翻字: koy-tuye-i
  3. ^ a b アイヌ語地名リスト イチャ~エリ P11-20”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  4. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月24日閲覧
  5. ^ 北海道の交通関係 2020年9月24日閲覧
  6. ^ “商業施設核に糸井駅北口開発 5月着工、7月完成へ”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2015年4月21日). http://www.tomamin.co.jp/20150424647 2015年7月24日閲覧。 
  7. ^ フードD | 会社概要”. フードD. 2015年7月26日閲覧。
  8. ^ 苫小牧市日吉体育館”. 2015年7月24日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]