紀三井寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
紀三井寺
Kimiidera Wakayama03n4272.jpg
境内
所在地 和歌山県和歌山市紀三井寺1201
位置 北緯34度11分6.6秒
東経135度11分24.09秒
座標: 北緯34度11分6.6秒 東経135度11分24.09秒
山号 紀三井山
院号 護国院
宗旨 救世観音宗
寺格 総本山
本尊 十一面観音
創建年 伝・宝亀元年(770年
開山 伝・為光
正式名 紀三井山 金剛宝寺 護国院
別称 紀三井寺
札所等 西国三十三所第2番
文化財 楼門・鐘楼・木造千手観音立像ほか(重要文化財
本堂(県指定文化財
日本名水百選
日本さくら名所100選
公式HP 紀三井寺のホームページ
法人番号 6170005000386 ウィキデータを編集
紀三井寺の位置(和歌山県内)
紀三井寺
テンプレートを表示

紀三井寺(きみいでら)は、和歌山県和歌山市紀三井寺にある寺院山号は紀三井山、院号は護国院。寺号は金剛宝寺であるが、紀三井寺の名前で知られている。西国三十三所第2番札所。救世観音宗(ぐぜかんのんしゅう)総本山[1]本尊は十一面観世音菩薩(十一面観音)。

本尊真言:おん まかきゃろにきゃ そわか

ご詠歌:ふるさとをはるばるここに紀三井寺 花の都も近くなるらん

概要[編集]

寺号は金剛宝寺と称し、宗教法人としての公称は護国院であるが、古くから紀三井寺の名で知られる。楼門前の石柱には「紀三井山護国院」、本堂前の石柱には「紀三井寺」とある。「紀三井山金剛宝寺」「金剛宝寺護国院」ともいう。宗派としては真言宗山階派に属していたが、1951年昭和26年)に独立して救世観音宗総本山を名乗り、山内子院6か寺および末寺14か寺を包括する[2]

寺域は紀ノ川河口平野の南部にある名草山(なくさやま、標高228.7m)の西側中腹(標高50m辺り)にあって、境内から和歌浦湾を一望のもとに収める[2]。山内に涌く三井水(さんせいすい:吉祥水・清浄水・楊柳水)は紀三井寺の名の由来とされ、いずれも水源には慶安3年(1650年)の年記とそれぞれの名水の名を刻銘した砂岩製の水槽がある。これらの水槽は紀州藩徳川頼宣の命により設けられたものである[3]。また、三井水は1922年大正11年)に昭和天皇が和歌浦に投宿した際に調理用水として献上されたほか、1985年(昭和60年)3月に環境庁(現、環境省)が選定した「名水百選」に選ばれている[4]。境内は観桜の名所として名高く、日本さくら名所100選にも選ばれている[5]。また本堂向かって左の桜の木が和歌山地方気象台ソメイヨシノの標本木に指定されており、近畿地方では最も早く開花することが通例であることから、「近畿地方に春を呼ぶ寺」としても知られている。

歴史[編集]

開創[編集]

伝承によれば、宝亀元年(770年)、の為光が、日本各地を行脚していた時、名草山山頂から一筋の光が発せられているのを見た。光の元をたどって名草山に登った為光は、そこで金色の千手観音を感得した。為光は自ら十一面観音像を彫刻し、胎内仏としてその金色千手観音像を奉納し、草堂を造って安置し、千手観音を秘仏として納めたのが紀三井寺の始まりであるという。名草山に三つの霊泉(清浄水、楊柳水、吉祥水)があることから「紀三井山」という山号になったといわれるが、『紀伊続風土記』は付近の旧地名「毛見(けみ)」が転じたものと伝える[6]

中世から近世[編集]

平安時代末期には後白河法皇によって当寺は勅願所と定められ、以後隆盛を極めた。

紀三井寺の中世の寺領と記録について、『紀伊続風土記』は次のように伝える。

〔前略〕合せて四十九町中世以後寺領とす。天正十三年豊臣太閤征伐の時、皆没収せらる。此ノ時寺に伝ふる所の綸旨院宣種々の文書等皆散失す。 — 紀伊続風土記[7]

このため、中世の紀三井寺について詳しいことは分からないが、各種の資料から断片的に見出される記述からは、日前國懸社と深い関係にあると見られていたことが分かる。嘉禎4年(1238年)の日前宮文書によれば、毛見郷は日前宮領に属し、名草山を「三井之神山」と称しているほか、日前國懸社神主家57代国造紀俊文の詠歌にも名草山の名が見える。また、応永年間(1394年 - 1428年)には、日前國懸社の祭礼に警固の兵士を送ったという。その他、興国寺開山たる心地覚心(法燈国師)が招かれて、紀三井寺の南に紀三井寺僧妙蓮のために建立された報恩寺仏殿の落慶法要を営んだと興国寺の記録にある[6]

前出の通り、中世紀三井寺の寺領は49を算したが、天正13年(1585年羽柴秀吉による紀州征伐の際に没収されて失われた。慶長6年(1601年)、浅野幸長は紀三井寺村内の13を寄進した。次いで、紀州徳川家初代の徳川頼宣は8石や燈明料を寄進したほか、境内の地子を免じ、正保4年(1647年)には境内における殺生を禁じた[7]

室町時代には西国三十三所ないし熊野詣での隆盛により、多くの参詣者が訪れた。中世の紀三井寺は多くの僧侶・子院が一体混然として一山を形成する一山寺院であって[8]、妻帯僧が寺僧となり、本堂脇には造営・修造のための勧進を担う穀屋(今日の穀屋寺)[9]があったという。寺僧の中からは、法用を勤める法橋として年老14名が充てられ、これを当寺の詠歌の詠み手でもある花山院[10]永宣旨によって許可されたというが、その永宣旨は伝来しない[11]。穀屋は比丘尼寺であって、観音御影や牛玉宝印の木版を所持し、参詣者に配札していた[12]

穀屋寺には複数の勧進関連の文書が伝来する。文安6年(1449年)の勧進状は、嘉吉元年(1441年)に何らかの壊滅的打撃(おそらく南朝残党と紀伊守護畠山氏の衝突による兵火)があったことを示唆する内容が記され、諸堂を再建したものの、なおも未成であった多宝塔復興のための勧進であった[7]大永2年(1522年)の勧進状では、堂舎修理のための勧進を仰いでおり、堂塔の再興修復が穀屋によって担われてきたことが分かる[7]。また、元禄11年(1698年)の「穀屋寺移転ニ付口上書」は、天正13年(1585年)に穀屋比丘尼の春古は秀吉の紀州攻めに際して、秀吉との直接交渉に臨んで山内安堵の証文を得たことにより焼討を回避した[13]と伝えており、このように積極的な活動を示した穀屋は、他の諸寺社にも見られるように堂舎の再興修復を通じて、それまで以上に大きな役割を果たし、寺内における地位を高めた[14]

秀吉の紀州攻めの翌年、天正14年(1586年)に本願坊が創建され、後の明暦年間(1655年 - 1658年)に護国院と改称した。後に本坊となる護国院はそれ自体が本願勢力であり[15]、初代の本願に任じられた良純房は、吉原村の出身で姓は林氏であったと伝えられる[7]。近世における徳川政権の寺院政策は、当初、それに先立つ織田信長豊臣秀吉のそれと同じく、武装解除と中世以来の寺領没収、および新たな朱印領の賦与であったが、のちに寛文5年(1665年)の諸宗寺院法度において一山寺院に対する統一した政策が出され、その一環として寺内秩序や勧進活動への制限が行われたことにより、本願勢力は地歩を後退させられた[16]。紀三井寺では、宝永2年(1705年)に穀屋が山麓の楼門外に移転させられ[7]宝暦3年(1735年)には紀三井寺と本末関係が結ばれて、かつては寺内の有力子院であった穀屋はいち末寺に格下げされた[17]

当寺は長らく真言宗山階派の寺院であったが、1951年(昭和26年)に独立して救世観音宗(ぐぜかんのんしゅう)の総本山となった。

境内[編集]

本堂
桜に包まれた本堂
大光明殿
仏殿

JR紀三井寺駅から徒歩10分ほどのところに境内入口の楼門が建つ。そこから231段の急な石段を上りきったところが境内の中心部で、正面に六角堂、右手に2002年平成14年)建立の新仏殿、左手には本堂などが建つ。本堂脇の石段をさらに上ったところには多宝塔などがある。

  • 本堂 - 江戸時代宝暦9年(1759年)の建立。観音堂とも称す。入母屋造本瓦葺き、柱間は正面側面とも五間で、千鳥破風を付し、正面には唐破風形・三間の向拝を設ける。虹梁形の貫を用い、頭貫に木鼻を付し、台輪を乗せ、組物は三手先詰組とするなど、細部には禅宗様が用いられている。秘仏本尊の十一面観音像、千手観音像などは、現在は裏手の大光明殿に移されている。高欄の擬宝珠金具は寛政元年(1789年)奉納のもの。西国三十三所札所として多くの巡礼者を迎え入れられるよう、外陣を開放とする[18]。和歌山県指定有形文化財(建造物、1974年昭和49年〉4月9日指定)。
  • 大光明殿 - 本堂の裏手に棟続きに建つ耐震耐火の収蔵庫(原則非公開)で、1983年(昭和58年)に完成した。殿内中央の厨子内には向かって左に十一面観音像、右に千手観音像が安置される。紀三井寺の本尊とされるのは十一面観音像だが、千手観音像も本尊と同様に崇敬されている。両像とも50年に一度開扉の秘仏である[19]。厨子外の向かって右には梵天像と本尊とは別の十一面観音像、左には帝釈天像と毘沙門天像を安置する(毘沙門天像を除く5体は重要文化財)。
    • 十一面観音立像 - 像高161.5センチメートル[20]。当寺の秘仏本尊。一木造、素地仕上げ。頭部のプロポーションが大きく、素朴な彫法の像で、平安時代、10世紀頃の作と推定される。
    • 千手観音立像 - 像高183.0センチメートル。平安時代、10 - 11世紀の作。本尊とともに安置される秘仏で、一木造、素地仕上げとする。千手観音の彫像は42手をもって千手とみなすのが通例だが、本像は奈良市唐招提寺像などと同様、大手42本の他に多数の小手を表す「真数千手」像である。
    • 梵天・帝釈天立像 - 像高163.9及び161.2センチメートル。平安時代、10 - 11世紀の作。本尊の両脇に安置され、「梵天・帝釈天」と称されているが、条帛(じょうはく)、天衣、裳を着けた像容は菩薩像のそれであり、本来観音菩薩像として造られた可能性が高い。梵天像は彫法が素朴で、彩色はほとんど剥落し、頭上には円筒形の冠があるのに対し、帝釈天像は衣文の彫技が細かく、彩色がよく残るなど、両像の作風には明らかな相違があり、元来一具ではなかったとみられる。
    • 十一面観音立像 - 像高156.7センチメートル。平安時代、10 - 11世紀の作。一木造、彩色はほとんど剥落。大光明殿内の向かって右端に安置。衣文の彫りが簡略で、素朴な作風の像である。
  • 御殿 - 紀州徳川家の御成御殿。
  • 開山堂
  • 多宝塔(重要文化財)- 室町時代の建築、三間二層多宝塔造。文安6年(1449年)の勧進縁起が伝来することから同時期の建立と推定される。四天柱内の内陣に五智如来坐像を安置する[21]。各種の絵様、彫刻、須弥壇に室町時代中期の様式を示す[22]
  • 春子稲荷
  • 三社権現
  • 大師堂
  • 鐘楼(重要文化財) - 安土桃山時代の建築、重層袴腰入母屋造。寺伝では天正16年(1588年)安部六太郎の再建という。天明元年(1781年)に加修、1937年(昭和12年)に大修理を行った。旧鐘は文禄・慶長の役の折に没収されて筑後国に移されたが現存しない[7][23]
  • 六角堂 - 江戸時代の寛延年間(1748年 - 1751年)、初代・二代目雑賀弥左ェ門の建立。西国三十三所観音霊場の観音像を祀る[24]
  • 大樟龍王
  • 仏殿 - 鉄筋コンクリート造3階建の新仏殿で、建物全体の形は五輪塔に擬している。2000年平成12年)に起工し、2002年(平成14年)に竣工。高さ25メートル。内部には高さ12メートルの木造千手観音立像(寺では「大千手十一面観世音菩薩像」と呼ぶ)を安置する。この観音像は仏師松本明慶の工房の作品で、京都の工房で制作した寄木造の像を現地で組み上げたものである。耐震性を考慮して、内部には鉄製の心棒を立て、枠木で像を固定している。寺では、寄木の立像としては日本一のものであるとしている。像は2002年(平成14年)から制作を開始し、2007年(平成19年)に完成、2008年(平成20年)5月21日に入仏落慶供養が行われた。
  • 楼門(重要文化財) - 参道正面、境内への入口に建つ楼門。室町時代中期の建立、三間一層入母屋造。寺伝では永正6年(1509年)に建立、永禄2年(1559年)に加修。下階中央間は開放で扉がなく、正面両脇間に仁王像を安置している[21][25]
  • 祇園社
  • 穀屋寺 - 塔頭宝永2年(1705年)に現在地に移転されられた。
  • 普門院 - 塔頭。
  • 瀧本院 - 塔頭。
  • 松樹院 - 塔頭。
  • 宝蔵院 - 塔頭。
  • 善壽院 - 塔頭。
  • 結縁坂 - 本堂へと向かう231段の急な石段。紀伊國屋文左衛門が若い頃、母を背負って観音様にお詣りをしていた時、和歌浦湾を間に挟んで紀三井寺の真向かいにある玉津島神社の宮司の娘「おかよ」と出会い、二人は結ばれた、という話が名の由来となっている。後に、文左衛門は玉津島神社宮司の出資金によって船を仕立て、蜜柑と材木を江戸へ送って豪商となった。

三井水[編集]

三井水

紀三井寺の寺名のもととなったとされる「清浄水」、「楊柳水」、「吉祥水」の3つの湧き水である。紀三井寺の三井水(さんせいすい)として名水百選に選定されている(1985年〈昭和60年〉)[4]。清浄水は参道石段の途中右側にある小滝である。楊柳水はそこから小道を入った突き当たりにある井戸。吉祥水は境内からいったん楼門を出て右(北)へ数百メートル行ったところにある井戸である。楊柳水と吉祥水は荒廃していたのを20世紀末に復旧整備したものである[26]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 護国院楼門 1棟 - 1908年明治41年)4月23日指定[27]
  • 護国院鐘楼 1棟 - 1908年(明治41年)4月23日指定[28]
  • 護国院多宝塔 1棟 - 1908年(明治41年)4月23日指定[29]
  • 木造千手観音立像 - 秘仏
  • 木造十一面観音立像
  • 木造十一面観音立像
  • 木造梵天・帝釈天立像

重要文化財の仏像はいずれも平安時代中期から後期の作品である。

和歌山県指定有形文化財[編集]

  • 護国院本堂 1棟 - 1974年昭和49年)4月9日指定[18]。詳細は前述
  • 護国院開山堂 1棟 - 2016年平成28年)3月15日指定[30]
  • 護国院六角堂 1棟 - 2016年(平成28年)3月15日指定[30]
  • 護国院大師堂 1棟 - 2016年(平成28年)3月15日指定[30]
  • 護国院三社権現 3棟 - 2016年(平成28年)3月15日指定[30]
  • 護国院書院 1棟 - 2016年(平成28年)3月15日指定[30]

和歌山市指定有形文化財[編集]

和歌山市指定名勝[編集]

  • 紀三井寺の三井水 3箇所 - 1967年(昭和42年)2月14日指定。

和歌山市指定天然記念物[編集]

  • 紀三井寺の樟樹 1本 - 1967年(昭和42年)2月14日指定。
  • 紀三井寺の応同樹 1本 - 1969年(昭和44年)12月11日指定。

年中行事[編集]

前後の札所[編集]

西国三十三所
1 青岸渡寺 - 2 紀三井寺(護国院) - 3 粉河寺

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宗派読みは次のサイトによる。救世観音宗”. 教団データベース. 宗教情報リサーチセンター(公益財団法人国際宗教研究所). 2020年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 平凡社[1997: 222]
  3. ^ 平凡社[1997: 226]
  4. ^ a b 紀三井寺の三井水”. 環境省. 2018年3月18日閲覧。
  5. ^ 近畿”. 公益財団法人日本さくらの会. 2015年3月21日閲覧。
  6. ^ a b この段落、平凡社[1997: 223]による。
  7. ^ a b c d e f g 平凡社[1997: 224]
  8. ^ 吉井[1984: 54]
  9. ^ 穀屋寺は山門外にあるが、これは近世における本坊護国院との争論の結果である(吉井[1984: 67-68])。
  10. ^ ご詠歌については次のウェブサイトを参照。紀三井寺の詠歌”. 紀三井寺. 2015年4月5日閲覧。
  11. ^ 平凡社[1997: 223]
  12. ^ 大高[2012: 216-217]
  13. ^ 吉井[1984: 65]
  14. ^ 吉井[1984: 65-66]
  15. ^ 大高[2012: 217]
  16. ^ 吉井[1984: 66-67]
  17. ^ 吉井[1984: 68]
  18. ^ a b 護国院(紀三井寺)本堂/1棟”. わかやま文化財ガイド. 和歌山県. 2015年3月18日閲覧。
  19. ^ 2008年から2010年にかけて、花山法皇の一千年忌を記念して西国三十三所の全札所寺院の結縁開帳が実施されるのにあわせて、これらの像も特別開扉された。開扉期間は2008年10月10日 - 10月20日、2009年10月10日 - 10月20日、および2010年3月1日 - 3月10日。
  20. ^ 像高は久野健編『仏像巡礼事典』新訂版(山川出版社、1994)による。以下も同じ。
  21. ^ a b 平凡社[1997: 225]
  22. ^ 護国院(紀三井寺)多宝塔/1基”. わかやま文化財ガイド. 和歌山県. 2015年4月7日閲覧。
  23. ^ 護国院(紀三井寺)鐘楼/1棟”. わかやま文化財ガイド. 和歌山県. 2015年4月7日閲覧。
  24. ^ 紀三井寺の豆辞典1”. 紀三井寺. 2015年4月7日閲覧。
  25. ^ 護国院(紀三井寺)楼門/1棟”. わかやま文化財ガイド. 和歌山県. 2015年4月7日閲覧。
  26. ^ 紀三井寺三井水”. 紀三井寺. 2015年4月7日閲覧。
  27. ^ 護国院楼門1908年〈明治41年〉4月23日指定、重要文化財)、国指定文化財等データベース文化庁) 2015年4月7日閲覧。
  28. ^ 護国院鐘楼1908年〈明治41年〉4月23日指定、重要文化財)、国指定文化財等データベース文化庁) 2015年4月7日閲覧。
  29. ^ 護国院多宝塔1908年〈明治41年〉4月23日指定、重要文化財)、国指定文化財等データベース文化庁) 2015年4月7日閲覧。
  30. ^ a b c d e 和歌山県教育委員会(県指定文化財・有形文化財・建造物)
  31. ^ 以下、和歌山市指定文化財について次のウェブサイトを参照。和歌山市指定文化財一覧”. 和歌山市教育委員会. 2018年3月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大高 康正、2012、『参詣曼荼羅の研究』、岩田書院 ISBN 978-4-87294-765-6
  • 平凡社(編)、1997、『大和・紀伊寺院神社大事典』、平凡社 ISBN 4582134025
  • 吉井 敏幸、1984、「近世初期一山寺院の寺僧集団」、『日本史研究』(266)、日本史研究会、NAID 40002929775 pp. 45-72

関連項目[編集]

  • 西国三十三所
  • 佐々木只三郎 - 墓所。慶応4年(1868年)、和歌山に敗走中、紀三井寺で死去。
  • 青戸慎司 - 県出身の陸上選手(元・100m日本記録保持者)。231段ある石段「結縁坂」の登段最速記録保持者とされる[1]
  1. ^ 石段210段を速駆けで詣ろう 紀三井寺で来年1月に初開催 - 産経ニュース(2017年12月5日付、2019年4月5日閲覧)