紀伊國屋演劇賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

紀伊國屋演劇賞(きのくにやえんげきしょう)とは、紀伊國屋ホール紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAを運営する紀伊國屋書店1966年に創設した演劇賞。

毎年、東京において上演された演劇公演を対象に選出され、12月中旬頃発表、翌年1月中旬頃贈呈式が行われる。

第1回から第10回[編集]

年度 団体賞 個人賞 特別賞
第1回 1966年 劇団青俳 秋浜悟史米倉斉加年・馬場恵美子・村松英子
第2回 1967年 東京演劇アンサンブル 中村伸郎伊藤孝雄今井和子吉田日出子
第3回 1968年 劇団青年座 東野英治郎吉野佳子加賀まり子・草間靖子・村井志摩子
第4回 1969年 劇団三十人会 芥川比呂志・安部真知・佐藤信奈良岡朋子ニコラ・バタイユ
第5回 1970年 テアトル・エコー 別役実長岡輝子大滝秀治中村たつ・荒木かずほ
第6回 1971年 劇団青年座 矢代静一早野寿郎名古屋章伊藤牧子栗原小巻松江陽一
第7回 1972年 該当無し 飯沢匡北林谷栄・大橋也寸・阪上和子坂部文昭 俳優座舞台美術部
第8回 1973年 劇団四季 渡辺浩子江守徹佐々木すみ江吉行和子
第9回 1974年 劇団民芸 仲代達矢市原悦子田中邦衛太地喜和子・高田一郎
第10回 1975年 該当無し 秋元松代細川ちか子鈴木忠志・新井純・金井彰久

第11回から第20回[編集]

年度 団体賞 個人賞 特別賞
第11回 1976年 劇団文学座 浅利慶太清水邦夫木の実ナナ李麗仙吉田日出子森繁久彌
第12回 1977年 劇団未来劇場 日下武史新橋耐子西田敏行・今井和子・五十嵐康治・妹尾河童
第13回 1978年 秋田雨雀・土方与志記念青年劇場 滝沢修加藤剛藤野節子根岸とし江藤原新平出口典雄
第14回 1979年 オンシアター自由劇場 井上ひさし小沢昭一野村万作渡辺美佐子松本典子梅野泰靖
第15回 1980年 劇団つかこうへい事務所 宇野重吉北村和夫有馬稲子河内桃子佐藤慶・土岐八夫 砂田明
第16回 1981年 劇団シェイクスピア・シアター 関弘子山崎努松下砂稚子・辻由美子・松金よね子本田延三郎
第17回 1982年 劇団民藝 北林谷栄・木村光一・大間知靖子・佐々木愛加藤健一 中村伸郎
第18回 1983年 演劇集団 円 南美江遠藤啄郎平井道子平淑恵風間杜夫
第19回 1984年 劇団転形劇場 小澤栄太郎野中マリ子・松本典子・酒井洋子角野卓造 劇団仲間
第20回 1985年 こまつ座 嵐圭史南風洋子緑魔子岡安伸治・後藤加代・野田秀樹 いずみたく坂本長利

第21回から第30回[編集]

年度 団体賞 個人賞 特別賞
第21回 1986年 該当無し 川口敦子三田和代山崎哲・箕浦康子・佐藤B作夏木マリイッセー尾形市堂令
第22回 1987年 第三舞台 三津田健八木柊一郎大橋芳枝・大田創・渡辺えり子 沖縄芝居実験劇場
第23回 1988年 ぐるーぷえいと 米倉斉加年・浅利香津代岡部耕大岸田理生高畑淳子
第24回 1989年 俳優座劇場 村瀬幸子三國連太郎宇野誠一郎北村想戸田恵子
第25回 1990年 文学座アトリエの会 内田稔寺田路恵・たかべしげこ・横山由和・黒木里美
第26回 1991年 該当無し 杉村春子朝倉摂・加藤剛・水原英子佐藤オリエ大谷亮介
第27回 1992年 東京サンシャインボーイズ 中村美代子新村礼子すまけい西川信廣毬谷友子
第28回 1993年 音楽座 福田善之岩松了春風ひとみ・仲代達矢・デヴィッド・ルヴォー
第29回 1994年 木冬社 藤田傳・木山潔・加藤健一宮田慶子・高橋紀恵
第30回 1995年 地人会 津嘉山正種倉野章子竹内銃一郎栗山民也・ヴィッキー・モーティマー

第31回から第40回[編集]

年度 団体賞 個人賞
第31回 1996年 劇団青年座 里居正美・片山万由美・平淑恵・今井朋彦永井愛
第32回 1997年 兵庫県立ピッコロ劇団 北林谷榮・島次郎キムラ緑子鐘下辰男堤真一
第33回 1998年 カクスコ 熊倉一雄岩崎加根子・沢田祐二・若村麻由美内野聖陽
第34回 1999年 木山事務所 岸田今日子・堀尾幸男・野田秀樹・宮本裕子市川染五郎
第35回 2000年 二兎社 小沢昭一・湯浅実蜷川幸雄麻実れい小曽根真鈴木裕美
第36回 2001年 新国立劇場運営財団 加藤治子鵜山仁吉田鋼太郎マキノノゾミ秋山菜津子
第37回 2002年 文学座 辻萬長大竹しのぶ松井るみ坂手洋二寺島しのぶ
第38回 2003年 ひょうご舞台芸術 唐十郎藤木孝・久世龍之介・松たか子藤原竜也
第39回 2004年 tpt 浜田寅彦高橋巖立石凉子千葉哲也加藤忍
第40回 2005年 該当なし 平幹二朗斎藤憐梅沢昌代浅野和之野村萬斎七瀬なつみ

第41回から第50回[編集]

年度 団体賞 個人賞 特別賞
第41回 2006年 シス・カンパニー 鈴木瑞穂たかお鷹鈴木聡島田歌穂宮沢りえ
第42回 2007年 NODA・MAP 別役実・服部基・木場勝己竹下景子松本修
第43回 2008年 トム・プロジェクト 金内喜久夫樫山文枝謝珠栄鄭義信深津絵里
第44回 2009年 流山児★事務所 鳳蘭市村正親中嶋朋子前川知大浦井健治
第45回 2010年 華のん企画 大塚道子中嶋しゅう・髙瀬久男・古田新太栗田桃子
第46回 2011年 株式会社パルコ 飯沼慧橋爪功三谷幸喜中津留章仁中谷美紀
第47回 2012年 こまつ座 東憲司・那須佐代子神野三鈴佐々木蔵之介・浜田信也
第48回 2013年 劇団東京ヴォードヴィルショー 草笛光子池田成志・二村周作・小川絵梨子林田麻里
第49回 2014年 劇団チョコレートケーキ[1] 加藤武久保田民絵平田満[2]・旺なつき・伊藤雅子
第50回 2015年 文学座 高橋長英いのうえひでのり熊谷真実田中哲司小泉今日子 北村明子(制作者賞)
椿組「贋作幕末太陽傳」にいたるまでの30年にわたる
花園神社公演に携わる舞台監督グループ(舞台監督賞)
三谷昇(男優賞)
市川夏江(女優賞)
川辺久造田辺茂一賞)

第51回から第60回[編集]

年度 団体賞 個人賞 特別賞
第51回 2016年 シーエイティプロデュース 佐藤誓・ケラリーノ・サンドロヴィッチ・詩森ろば・高田聖子市川猿之助 該当なし
第52回 2017年 イキウメ 大竹しのぶ・温水洋一佐川和正・森尾舞・乘峯雅寛 該当なし
第53回 2018年 劇団文化座 野村昇史段田安則前田文子長田育恵蒼井優 該当なし

審査委員[編集]

脚注[編集]