紀元前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

紀元前 (きげんぜん) は、紀年法において紀元元年、すなわち1年)よりも前の年々を表現する方法である。紀元1年の前年が紀元前1年であり、過去に遡る度に紀元前2年、紀元前3年…と、数値の絶対値が増加する。

現在の日本で単に「紀元前」と言った場合、通常は西暦キリスト紀元)の紀元前を指す。この紀年法は、天文学的紀年法による西暦とは1年のずれがあることに注意しなければならない。

概要[編集]

西暦の紀元前であることを明示したいときは、西暦前、西暦紀元前、キリスト紀元前などと言う。英語では「~(年) BC」(BC:Before Christの略)といった形で使われるが、非キリスト教との関係から「BC」から 「BCE」(Before Common Eraの略) への切り替えが広がっている(同時に、ADもCE( Common Era の略、「共通紀元」の意)に切り替わっていっている)。

天文学などでは、紀元前を用いず、ゼロおよび負数を用いた西暦年数(西暦0年、西暦 -1年、西暦 -2年など)が用いられる。この場合はその年数が紀元前の年数とは1年だけずれることに特に注意が必要である。

例えば、ユリウス通日の起点は紀元前4713年1月1日正午(世界時)であるが、これは西暦 -4712年1月1日正午(世界時)のことである。

発案[編集]

紀元1年から1年ずつさかのぼり、紀元前1年紀元前2年紀元前3年…と年数を逆行させて呼称する、この紀年法17世紀のフランスイエズス会の神学者ディオニシウス・ペタヴィウス Dionysius Petavius(1583-1652)、別名ドニ・プト(en:Denis Pétau[1]の発案によるものであり、18世紀に一般に広まった[2]

西暦紀元前は、本来は「イエス・キリスト生年前」として定義された。ただし、現在では、イエス・キリストの生年が西暦1年だったとは考えられていない。様々な説があるが、紀元前7年紀元前4年頃というのが定説である。

ペタヴィウス以前[編集]

ペタヴィウス以前にもベーダやスレイダヌスなどが個別の年号について使用した例、1474年にケルンの一修道士が使用していた実例が知られているが、いずれも部分的か孤立した例に過ぎなかった[3]。これに対してペタヴィウスは体系的に使用しており、しかも彼は全ヨーロッパに広く影響力を持っていた年代学者であった。したがって彼をもって創始者とすることは間違いではない[4]

天文学における西暦[編集]

天文学においては、紀元前を使用せず、その代わりに西暦に0(ゼロ)または負記号をつけて用いる(天文学的紀年法)。

その理由は、紀元前の年数を用いたのでは整数演算規則に反することとなり、西暦1年をまたぐ年数計算(減法)が面倒になったり誤りが起きてしまうからである。

天文学における紀年法では、紀元前1年は「西暦0年」、紀元前2年は「西暦 -1年」、紀元前3年は「西暦 -2年」…と表現されるので、「キリスト紀元による紀元前」に比べて絶対値が1だけ少なくなることに注意を要する。例えばカエサル(ジュリアス・シーザー)が暗殺された紀元前44年は、西暦-43年である。

  • 通常の紀年法:紀元前4年 →紀元前3年 →紀元前2年 →紀元前1年 →紀元1年 →紀元2年 →紀元3年
  • 天文学での紀年法:西暦 -3年 →西暦 -2年 →西暦 -1年 →西暦 0年 →西暦 1年 →西暦 2年 →西暦 3年

天文学的紀年法が準拠する数直線Numberline

例:紀元2年( = 西暦 2年)から紀元前4年( = 西暦 -3年)までの年数の算出法

  • 通常の紀年法:2 - (-4) - 1 = 5年(紀元前1年を跨ぐ場合には、1年を減じなければならない)
  • 天文学での紀年法:2 - (-3) = 5年(紀元前1年を跨がない場合の年数の算出方法と同じである)

中立的な表現[編集]

非キリスト教徒に配慮し、例えば、英語ではAnno Dominiを(Common Era - C.E. )とし、紀元前をBefore Common Era - B.C.E.と言い換える動きがある。

日本語では、「紀元」や「西暦」など、そもそもキリスト教的な要素がない語を使うため、日本ではあまり問題にならない。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ディオニシウス・ペタヴィウスは、ラテン語の名前、ドニ・プトはフランス語の名前である。
  2. ^ 岡崎(1996), p.191 岡崎は、マイアーの百科事典の記述「キリスト紀元のキリスト生誕以前の時代への適用は、D・ペタヴィウスが十七世紀に創始し十八世紀に一般に使用されるようになった」を引用している。
  3. ^ 岡崎(1996), p.192
  4. ^ 岡崎(1996), p.192

文献[編集]

  • 岡崎 勝世『聖書vs.世界史 キリスト教的歴史観とは何か』講談社〈講談社現代新書1321〉、1996年。ISBN 4-06-149321-3。
  • キリスト紀元/西暦 世界史用語解説 授業と学習のヒント、世界史の窓