紀元前131年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世紀 前3世紀 - 前2世紀 - 前1世紀
十年紀 前150年代 前140年代
前130年代
前120年代 前110年代
前134年 前133年 前132年
紀元前131年
前130年 前129年 前128年

紀元前131年は、ローマ暦の年である。

他の紀年法[編集]

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。

できごと[編集]

ローマ[編集]

  • アッタロス朝ペルガモン王国の僭王エウメネス3世古代ローマに対する反乱を率い、執政官プブリウス・リキニウス・クラッスス・ディウェス・ムキアヌスが戦死する。
  • ケンソル(監察官)であったクィントゥス・カエキリウス・メテルス・マケドニクスが護民官のGaius Atinius Labeo Macerioを元老院から排除しようとする。怒ったAtiniusはタルペーイアの崖から投げ落とそうとするが、メテルスは元老院議員の取りなしによって救われる。
  • 護民官のガイウス・パピリウス・カルボが立法会における秘密投票の使用を認める。
  • ローマ史上初めて、ケンソルが2人ともプレブスとなる(メテルスとクィントゥス・ポンペイウス)。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]