紀元前160年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世紀 前3世紀 - 前2世紀 - 前1世紀
十年紀 前180年代 前170年代
前160年代
前150年代 前140年代
前163年 前162年 前161年
紀元前160年
前159年 前158年 前157年

紀元前160年は、ローマ暦の年である。

他の紀年法[編集]

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。

できごと[編集]

セレウコス朝[編集]

  • セレウコス朝の王デメトリウス1世は、帝国の東方での軍事行動に当たって、将軍のバッキデスに西方の統治に当たらせた。
  • ユダヤ大祭司アルキモスからの支援の要求に対し、セレウコス朝の将軍バッキデスはこの独立王国を再征服するため、ユダヤに軍を進めた。バッキデスはガリラヤで大虐殺を行った後、すぐにユダヤとの戦闘を行った。彼はすぐにエルサレムに進行して街を包囲し、マカバイのリーダーであるユダ・マカバイを罠にかけた。しかしユダと彼の支持者の多くはなんとか包囲を抜け出した。
  • ユダ・マカバイと彼の多くの支持者は再度軍備を整え、今日のラマッラー近郊で行われたエラサの戦いでセレウコス朝の軍と対峙した。
  • ユダ・マカバイは弟のヨナタン (ハスモン朝)ヨナタンに指導者の地位を引き継いだ。
  • デメトリウス1世は反乱軍の将軍ティマルコスを破って殺害し、元老院 (ローマ)ローマ元老院からセレウコス朝の王として認知された。デメトリウスは、彼らをティマルコスの暴政から救ったことで、「救世主」という意味のSoterという姓をバビロニアから与えられた。
  • パルティアミトラダテス1世はティマルコスの死後、セレウコス朝からメディア王国を奪った。

バクトリア[編集]

アルメニア[編集]

  • アルタウァスデス1世は父のアルタクセス1世からアルメニアの王位を引き継いだ。

ローマ帝国[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]