紀元前196年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世紀 前3世紀 - 前2世紀 - 前1世紀
十年紀 前210年代 前200年代
前190年代
前180年代 前170年代
前199年 前198年 前197年
紀元前196年
前195年 前194年 前193年

紀元前196年は、ローマ暦の年である。

他の紀年法[編集]

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。

できごと[編集]

ローマ帝国[編集]

  • カルタゴの反乱を扇動していたとローマ人に信じられていたポー平原ガリア人がついに駆逐された。
  • ローマの聖職者の新しい職位tresviri epulonesが神の祭を統括する立場として選ばれた。最初の3人は、ガイウス・ルキニウス・ルクッルス、プブリウス・マンリウス、プブリウス・ポルキウス・ラエカとなった。
  • コリントスで行われたイストミア大祭で、ローマの将軍で前執政官ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌスは、全てのギリシア人は自由で、自身の法律に支配されると宣言した。この行為によって、彼は多くのギリシアの都市で救済者として歓迎され、神と同等の尊敬を与えられた。
  • フラミニヌスはスパルタ王ナビス僭主として非難し、ナビスにアルゴスを明け渡させた。

アナトリア[編集]

エジプト[編集]

中国[編集]

  • 前漢王朝功臣のひとり韓信が謀反を計画するも露見し、蕭何の計略により捕らえられ処刑された。
  • 漢の高祖(劉邦)が陸賈南越国趙佗の元へ和睦の使者として派遣し、趙佗は南越王として正式に印綬を受け取った。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]