紀清人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
紀清人
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 天平勝宝5年7月11日753年8月14日)
別名 浄人
官位 従四位下武蔵守
主君 元正天皇聖武天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀国益
兄弟 諸人?、清人
真乙
テンプレートを表示

紀 清人(き の きよひと)は、奈良時代貴族学者。名は浄人とも記される。御史大夫紀大人の孫。従五位下・紀国益の子。官位従四位下武蔵守

経歴[編集]

和銅7年(714年従六位上の時、三宅藤麻呂と共に国史撰修の詔勅を受ける[1]。当時編纂されていた『日本書紀』に関連した人事とも考えられるが不詳。翌和銅8年(715年)三階の昇叙により従五位下叙爵

優れた学者として重んじられ、その才能を賞賛されて和銅8年(715年)および霊亀3年(717年)に百石を賜与された[2]。また、養老5年(721年)正月には佐為王紀男人日下部老山上憶良らと共に、退庁後は皇太子・首親王(のちの聖武天皇)の身近に仕えて学芸を教授するよう命じられ[3]、さらに同月元正天皇が学問に優れた者を褒賞した際には、文章に優れるとして山田御方らと共になどを賜与されている[4]。養老7年(723年)従五位上。

聖武朝では、右京亮治部大輔文章博士を歴任し、この間の天平15年(743年正五位下に叙せられている。天平16年(744年)2月に聖武天皇が恭仁京から難波京遷都した際に平城宮の留守役を務めた。また、同年7月にはかつて父・国益と紀男人との間の奴婢所有をめぐった争いに対する裁判の結果、奴婢は清人の所有となり、清人は上表して奴婢を良民としている[5]。同年11月従四位下に昇叙。天平18年(746年)正月に元正上皇の御在所で開催された肆宴で応詔歌を詠み、この作品が『万葉集』に採録されている[6]。同年5月武蔵守。

天平勝宝5年(753年)7月11日卒去。最終官位は散位従四位下。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

  • 父:紀国益[5]
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:紀真乙[7]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』巻六和銅7年2月10日条
  2. ^ 『続日本紀』和銅8年7月10日,霊亀3年7月23日条
  3. ^ 『続日本紀』養老5年正月23日条
  4. ^ 『続日本紀』養老5年正月27日条
  5. ^ a b 『続日本紀』天平16年7月6日条
  6. ^ 『万葉集』巻17-3923
  7. ^ 鈴木真年『諸系譜』第一冊,紀朝臣

参考文献[編集]