紅梅ステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紅梅ステークス
Sound-of-heart20120115.jpg
2012年紅梅ステークス
主催者 日本中央競馬会
競馬場 日本の旗京都競馬場
距離 芝外1400m
格付け L
賞金 1着賞金2000万円
出走条件 サラブレッド系3歳牝馬(国際)(特指)
負担重量 54kg、収得賞金額1,150万円毎に1kg増
テンプレートを表示

紅梅ステークス(こうばいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝1400mで施行する競馬の競走である。競走名は植物の「コウバイ(紅梅)」が由来となっている。

概要[編集]

当競走は明け3歳牝馬限定のオープンクラスの競走として施行されている。

1995年までは「KBS京都紅梅賞」として施行されていた(京都放送1996年ファンタジーステークス協賛に移行する)。

出走資格は、サラ系3歳のJRA所属の牝馬の競走馬外国産馬含む)、JRAに認定された地方所属の競走馬及び外国調教馬。

負担重量は別定重量で54キログラムを基本とし、更に収得賞金額が1,150万円毎に1キログラムの負担が課せられるよう定められている。

歴史[編集]

  • 1968年 - 京都競馬場の芝外回り1600mの4歳牝馬限定のオープン特別「紅梅賞」として施行。
  • 1969年 - 施行距離を芝1500mに変更。
  • 1970年 - 施行距離を芝外回り1400mに変更。
  • 1971年 - 施行距離を芝外回り1600mに戻す。
  • 1980年 - 京都競馬場の改修工事による振替開催により阪神競馬場の芝1600mで施行。
  • 1985年 - 施行距離を芝1200mに変更。
  • 1991年 - 1位入線したリンデンリリーが進路妨害により13着に降着(関西での降着制度適用第1号)。
  • 1994年 - 京都競馬場の改修工事による振替開催により阪神競馬場の芝1200mで施行。
  • 1998年 - 競走名を「紅梅ステークス」と変更し、芝外回り1400mに距離延長。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳牝馬」から「3歳牝馬」に変更される。
  • 2019年 - 国際競走及びリステッド競走に指定される[1]

歴代優勝馬[編集]

紅梅賞[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1968年1月7日 グリスビー 牝3 1:35.0 栗田勝 武田文吾
1969年1月4日 ヒデコトブキ 牝3 1:32.6 久保敏文 伊藤修司
1970年1月4日 タニノタマナー 牝3 1:24.9 安田伊佐夫 戸山為夫
1971年1月4日 ミスアリシドン 牝3 1:40.7 宮本悳 玉谷敬治
1972年1月4日 シンモエダケ 牝3 1:38.2 藤岡範士 田之上勲
1973年1月4日 キシュウローレル 牝3 1:39.0 梅内忍 梅内慶蔵
1974年1月5日 イットー 牝3 1:36.8 高尾武士 田中好雄
1975年1月6日 タニノサイアス 牝3 1:38.1 久保敏文 中村好夫
1976年1月10日 クインリマンド 牝3 1:38.1 久保一秋 吉永猛
1977年1月8日 ファインニッセイ 牝3 1:36.9 安田伊佐夫 福島角一
1978年1月7日 ラブリトウショウ 牝3 1:37.1 小谷内秀夫 戸山為夫
1979年1月6日 ハギノカオリ 牝3 1:37.2 伊藤清章 伊藤修司
1980年1月5日 バンブトンビオラ 牝3 1:38.0 伊藤清章 伊藤修司
1981年1月6日 マーブルトウショウ 牝3 1:37.6 小谷内秀夫 戸山為夫
1982年1月6日 ヤマノシラギク 牝3 1:37.5 河内洋 大久保正陽
1983年1月6日 サンエイホープ 牝3 1:37.4 斉藤博美 斉藤義美
1984年1月7日 マルカサーペン 牝3 1:37.5 川端義雄 内藤繁春
1985年1月5日 イブキバレリーナ 牝3 1:11.3 田原成貴 領家政蔵
1986年1月6日 モガミアレン 牝3 1:12.2 河内洋 浅見国一
1987年1月6日 マックスビューティ 牝3 1:11.4 南井克巳 伊藤雄二
1988年1月6日 エイユークイン 牝3 1:11.5 増井裕 吉永忍
1989年1月14日 タニノターゲット 牝3 1:10.4 小島貞博 戸山為夫
1990年1月6日 コニーストン 牝3 1:10.7 松永幹夫 伊藤雄二
1991年1月6日 フレンチパッサー 牝3 1:10.7 角田晃一 大久保正陽
1992年1月6日 コガネテスコ 牝3 1:10.6 岡潤一郎 鶴留明雄
1993年1月6日 ドミナスクリスタル 牝3 1:10.1 武豊 野元昭
1994年1月6日 テンザンユタカ 牝3 1:11.4 松永昌博 松永善晴
1995年1月7日 エイユーギャル 牝3 1:09.5 四位洋文 古川平
1996年1月6日 リトルオードリー 牝3 1:09.7 藤田伸二 小林稔
1997年1月7日 ワンダーステラ 牝3 1:10.3 石橋守 湯浅三郎

紅梅ステークス[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1998年1月24日 オータムリーフ 牝3 1:23.7 石橋守 境直行
1999年1月23日 エイシンルーデンス 牝3 1:21.9 野元昭嘉 野元昭
2000年1月15日 サイコーキララ 牝3 1:22.1 石山繁 浜田光正
2001年1月13日 グランドレイナ 牝3 1:22.5 福永祐一 瀬戸口勉
2002年1月6日 カネトシディザイア 牝3 1:22.5 河内洋 田中章博
2003年1月19日 スティルインラブ 牝3 1:22.1 幸英明 松元省一
2004年1月18日 スイープトウショウ 牝3 1:21.9 角田晃一 渡辺栄
2005年1月16日 エリモファイナル 牝3 1:24.3 福永祐一 大久保正陽
2006年1月15日 タッチザピーク 牝3 1:23.7 柴原央明 田中章博
2007年1月14日 ローブデコルテ 牝3 1:22.5 安藤勝己 松元茂樹
2008年1月20日 エーソングフォー 牝3 1:23.7 四位洋文 森秀行
2009年1月18日 コウエイハート 牝3 1:23.3 川田将雅 山内研二
2010年1月17日 ワイルドラズベリー 牝3 1:22.5 浜中俊 中尾秀正
2011年1月16日 モアグレイス 牝3 1:22.7 酒井学 西園正都
2012年1月15日 サウンドオブハート 牝3 1:22.7 武豊 松山康久
2013年1月14日 レッドオーヴァル 牝3 1:23.5 C.ルメール 安田隆行
2014年1月19日 アドマイヤビジン 牝3 1:23.9 四位洋文 梅田智之
2015年1月18日[2] コンテッサトゥーレ 牝3 1:21.9 C.デムーロ 安田隆行
2016年1月17日[3] シンハライト 牝3 1:21.5 池添謙一 石坂正
2017年1月17日[4] アロンザモナ 牝3 1:22.4 幸英明 西浦勝一
2018年1月14日[5] モルトアレグロ 牝3 1:22.7 M.デムーロ 武井亮
2019年1月14日[6] メイショウケイメイ 牝3 1:22.8 古川吉洋 南井克巳

脚注[編集]

  1. ^ 平成31年度(2019年)リステッド競走一覧”. 日本中央競馬会 (2018年11月20日). 2018年11月21日閲覧。
  2. ^ 2015年レース結果スポーツナビ 2015年1月19日閲覧
  3. ^ 2016年レース結果スポーツナビ 2016年3月4日閲覧
  4. ^ 2017年レース結果スポーツナビ 2017年1月17日閲覧
  5. ^ 2018年レース結果スポーツナビ 2018年1月14日閲覧
  6. ^ 2019年紅梅ステークス”. スポーツナビ (2019年1月14日). 2019年1月14日閲覧。