紅河デルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
紅河デルタ(ベトナム)の位置

紅河デルタ(こうがデルタ ,ベトナム語Đồng bằng sông Hồng垌平瀧紅?, 英語Red River Delta)は、ベトナムを構成する地方の一つであり、ベトナム北部に位置している。トンキン・デルタまたはホン川デルタと呼称されることもある。

行政区分[編集]

紅河デルタにはベトナムの首都ハノイ市(河内市)、ハイフォン市(海防市)の2つの中央直轄市、8つのが属している。

かつてはハタイ省(河西省)も存在したが、2008年8月1日をもってハノイ直轄市と合併し吸収された。

地理[編集]

紅河デルタの領域は紅河(またはホン川)を中心として広がっており、紅河河口でトンキン湾に面している。ベトナム全土に占める領域面積はそれほど大きくないが、領域に属する省の人口は他地域と比べ総じて多い。

デルタ地域には約150ha水田があり、田畑や宅地等を囲むように堤防が築かれている。堤防は水田から7~8mの高さで築かれているが、雨季にはその堤防の高さ一杯にまで水が流れるため、ひとたび堤防が決壊すると洪水による甚大な被害が発生する。

紅河デルタには、河川が氾濫して土砂が堆積することでつくられる自然堤防が、ヴィエッチからハノイを経て東はハイズオンまで、南はフーリーまでの河川沿いに存在する[1]

経済[編集]

デルタではドンソン文化の時代から稲作が行われてきたが、10世紀頃からキン族(京族)が堤防の設置による農地の開拓を開始し、19世紀初頭までには臨海部をのぞいて水田が広がり、二期作も実施されるようになった。

しかし、それ以降はコメの増産が頭打ちとなり、不作になるとコメの収穫量が地域人口に対して不足するようになったため、旱魃洪水が起きる度に大量の難民が南部のメコン・デルタ等へと押し出されていった。

ベトナム独立後の現在では、主に有機肥料の活用や品種改良によるコメ収穫量の拡大が行われている。

ベトナム戦争とデルタ地帯[編集]

ベトナム戦争時、首都ハノイや港湾工業都市ハイフォンなど当時の北ベトナムの重要拠点が数多く存在することから、紅河デルタは絶えずアメリカ軍による爆撃北爆)を受け続けていた。

1972年、北ベトナムは、アメリカがデルタ地帯一帯の堤防や水門を意図的に爆撃していると非難。7月までに149ヶ所の堤防と水門が破壊されたと発表。アメリカ側は偶発的な被弾が12ヶ所あっただけと反論したが、国内外から堤防の爆撃に対する非難の声があがった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 柳沢雅之「大和平野、水と土」/ 今井昭夫・岩井美佐紀編著『現代ベトナムを知るための60章』明石書店 2004年 74-75ページ
  2. ^ 「批難高まる堤防破壊」『朝日新聞』昭和47年(1972年)8月17日朝刊、6面

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯21度02分 東経105度51分 / 北緯21.033度 東経105.850度 / 21.033; 105.850