紅色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)
紅色
べに色・くれない色
 
16進表記 #C22047
RGB (194, 32, 71)
CMYK (14, 98, 63, 0)
マンセル値 3R 4/14
表示されている色は一例です

紅色(べにいろ、くれないいろ)は、鮮やかな赤色。名は、キク科紅花の汁で染めた濃い赤による。JIS慣用色名では「あざやかな赤」(略号 vv-R)と定義している[1][2]

名称[編集]

上代の日本語では古来から染料として利用していた色を、の種類にこだわらず染料の意味で「藍」と呼んだため、「くれない」の意味は「呉の藍」(くれのあい:呉の染料)の略で、呉の国から伝えられたのではと推測されているものの諸説ある。伝来ルートなど、具体的な詳細は現代も明らかになっていない。加えて、紅花の原産地はエジプトアナトリア半島である。

なお、色彩研究家の長崎盛輝は「赫らの紅」(赫らとは照り映えるような様子。色が鮮やかで明るいこと。赤みが強いこと)赤を強調する「あから」の略、又は転訛と言う説をとり唐・韓は当て字だという。

紅(こう)[編集]

細菌学では、英語のpurpleの訳語として紅色(こうしょく)を用いる。紅色細菌 (purple bacteria) など。この「紅色」はカロテノイドに由来し、実際の色は紫、赤、褐色などさまざまである。

藻類学では、英語のred・学名のRhodo-の訳語として紅色(こうしょく)・紅(こう)を用いる。紅藻 (red algae) など。この「紅(色)」はクロロフィル aなどに由来する。

紅(こう、ホン)は、赤を意味する最も普通の現代中国語で、共産主義シンボルとしての赤の意味でも紅を使う。紅衛兵など。

脚注[編集]

  1. ^ 日本産業標準調査会(JISC)JISZ8102 物体色の色名(1957年10月30日制定、2001年3月20日改正)、p20(付表1 慣用色名 色名1)。2020年1月30日閲覧。
  2. ^ 色名がわかる辞典『紅色』 - コトバンク

関連項目[編集]