紅雲町 (前橋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 群馬県 > 前橋市 > 紅雲町
紅雲町
—  町丁  —
群馬県立前橋女子高等学校
紅雲町の位置(群馬県内)
紅雲町
紅雲町
座標: 北緯36度23分2.1秒 東経139度3分46.1秒 / 北緯36.383917度 東経139.062806度 / 36.383917; 139.062806
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 群馬県旗 群馬県
市町村 前橋市の旗 前橋市
面積
 - 計 0.39km2 (0.2mi2)
人口 (2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 - 計 1,530人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 371-0025[2]
市外局番 027[3]
ナンバープレート 前橋

紅雲町(こううんちょう)は、群馬県前橋市町名。紅雲町一丁目及び紅雲町二丁目が設置されている。郵便番号は371-0025[2]面積は0.39km2(2011年9月末現在)[4]

地理[編集]

前橋市中心市街地西側、利根川東岸の前橋台地上に位置している。

北を国道17号、南を東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線に挟まれた区域であり利根川に架かる群馬大橋・利根橋の東詰にあたる。

河川[編集]

  • 利根川

隣接地区[編集]

北で大手町、北東の紅雲町二丁目交差点上の一点で本町、東で表町、南で南町、南西の河川上の一点で下石倉町、西で石倉町と接する。

歴史[編集]

江戸時代頃は「紅雲分」と称しており、前橋藩領だった。

年表[編集]

  • 1889年 一部の紅雲分村を含む30町11大字を合併し東群馬郡前橋町が成立したため、一部は前橋町の大字となる。その他は上川淵村の大字となる。
  • 1901年 上川淵村の大字である紅雲分は、前橋市の大字である紅雲分に編入した。
  • 1910年 前橋市の大字であった「紅雲分」は「分」を取り払い「紅雲町」となった。
  • 1966年一部が表町一丁目となり、紅雲町、石川町、南曲輪町の各一部から紅雲町一丁目、紅雲町、石川町、南曲輪町、前代田町の各一部から紅雲町二丁目が成立。
  • 1967年 両毛線以南の住居表示未実施地区(丁目無し、住居表示未実施の区域)が南町一、三丁目となる。同日、丁目無しの紅雲町(住居表示未実施の区域)消滅。
  • 1980年 両毛線の高架化事業が起工する。

地名の由来[編集]

江戸時代の紅雲分村の「分」は、本来ある人の知行を示すのが普通であるため、「紅雲」と号する人の知公が村名になったものと考えられているのだが、記録にはそれらしい人物は見当たらない。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
紅雲町一丁目 374世帯 686人
紅雲町二丁目 390世帯 844人
764世帯 1,530人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[5]

町丁 区域 小学校 中学校
紅雲町一丁目 全域 前橋市立桃井小学校 前橋市立第一中学校
紅雲町二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

南辺に沿った南町にJR東日本両毛線が通るが駅は設置されていない。最寄駅は東側の両毛線前橋駅になる。

道路[編集]

施設[編集]

一丁目[編集]

  • 群馬県紅雲町庁舎
  • 群馬中央総合病院
  • 群馬社会保険介護老人保健施設サンビューぐんま
  • 前橋市薬剤師会館
  • 長昌寺 - 曹洞宗の仏教寺院。
    • 長昌寺保育園

二丁目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口及び世帯数 - 町別住民基本台帳人口表”. 前橋市 (2017年9月5日). 2017年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月17日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 第2章 人口 - 前橋市 2013年2月23日閲覧。
  5. ^ 前橋市立小学校及び中学校の通学区域に関する規則 - 前橋市例規集 2013年2月23日閲覧。

参考文献[編集]

座標: 北緯36度23分2.1秒 東経139度3分46.1秒