納富信留

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

納富 信留(のうとみ のぶる、1965年3月15日[1] - )は、日本哲学者西洋古典学者。東京大学大学院人文社会系研究科教授、元国際プラトン学会会長。日本学術会議会員。専門は西洋古代哲学西洋古典学

経歴[編集]

東京都生まれ。1983年開成高等学校卒業。1987年東京大学文学部哲学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了。1994年同大学院博士課程中退。1995年ケンブリッジ大学大学院古典学部で学術博士号取得。1998年九州大学文学部助教授。2002年慶應義塾大学文学部助教授。2007年から2010年まで国際プラトン学会会長を務める。2008年慶應義塾大学文学部教授。オランダ・ユトレヒト大学哲学部客員研究員。2016年東京大学大学院人文社会系研究科教授。

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ソフィストと哲学者の間-プラトン『ソフィスト』を読む』 名古屋大学出版会、2002年。
  • 『プラトン 哲学者とは何か』 日本放送出版協会〈シリーズ・哲学のエッセンス〉、2002年。
  • 『哲学者の誕生 ソクラテスをめぐる人々』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2005年。
  • 『ソフィストとは誰か?』 人文書院、2006年。ちくま学芸文庫、2015年。
  • The Unity of Plato's Sophist: Between the Sophist and the Philosopher. Cambridge University Press. (2007). ISBN 9780521037327. http://www.cambridge.org/us/academic/subjects/classical-studies/ancient-philosophy/unity-platos-sophist-between-sophist-and-philosopher. 
  • 『プラトン 理想国の現在』 慶應義塾大学出版会、2012年。
  • プラトン『饗宴』- 愛することが哲学だNHK出版100分de名著〉、2013年6月。ISBN 9784142230280。放送テキスト(2013年7月分)
  • 『プラトンとの哲学 - 対話篇をよむ』 岩波書店〈岩波新書〉、2015年。

共編[編集]

  • 『空間へのパースペクティヴ 九州大学「空間」プロジェクト』 溝口孝司、九州大学出版会、1999年4月。
  • 『精神史における言語の創造力と多様性』 岩波敦子、慶應義塾大学言語文化研究所、2008年3月。

訳書[編集]

テレビ出演[編集]

放送日 タイトル
2013年7月3日~24日 プラトン『饗宴

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.335

関連項目[編集]