納戸徳重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
納戸 徳重 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技短距離走中距離走
種目 400m800m
大学 東京高等師範学校
生年月日 (1902-01-24) 1902年1月24日
生誕地 福岡県三潴郡城島町
没年月日 (1991-01-04) 1991年1月4日(88歳没)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

納戸 徳重(のと とくしげ、1902年1月24日 - 1991年1月4日[1][2])は、日本の陸上競技(短距離走中距離走)選手。

東京高等師範学校在学中の1920年代半ばに400m走800m走の日本記録をたびたび更新、1924年パリオリンピックに両種目と十種競技で出場した。卒業後は福岡日日新聞社(のち西日本新聞社)に入社、1952年に九州一周駅伝を創設するなど、九州の陸上競技の振興に努めた。

経歴[編集]

福岡県三潴郡城島町(現在の久留米市)に生まれる[1]筑後川やクリーク(水路)を泳いで遊ぶ少年時代を過ごし[1]中学明善校(現在の福岡県立明善高等学校)在学中には野球部・庭球部・徒歩部・剣道部で選手を務めるスポーツ万能ぶりを見せていたという[1]

東京高等師範学校に進み、体育科に入る[1]。陸上競技の指導者は野口源三郎[1]、先輩に金栗四三らがいる。日本陸上競技選手権大会の400m競走では1922年から1925年まで三連覇、800m競走でも1923年に優勝。1923年には400m走の日本記録を2回[3]、800m走の日本記録を1回更新した[4]

1924年4月には男子800m競走の日本記録を更新(2分00秒4)[4]1924年パリオリンピックに、男子400メートル競走、男子800メートル競走、男子十種競技で出場した[5]。なお、オリンピックの1大会で11種類の競技(400m走は十種競技に含まれる)に挑んだ点で、納戸は2020年現在日本最多記録の持ち主である[6][注釈 1]

1924年10月に開催された明治神宮競技大会第1回明治神宮競技大会)では選手総代として選手宣誓を務めた[1]。1925年には箱根駅伝(2区)にも出走[7]。1925年11月23日、日本陸上競技選手権大会で400m競走の日本記録を更新(50秒2)[3]

1926年に東京高師体育科を卒業後[8]、1927年に福岡日日新聞社西日本新聞社の前身の一つ)に就職、スポーツ担当の記者となる[1](のちに運動部長[9])。また福岡日日新聞社主催のスポーツ行事(中等学校の対抗駅伝など)に関わり、九州地方のスポーツ振興に関わることとなった[1]。第二次世界大戦後の1952年、金栗とともに九州一周駅伝(2013年まで63回開催)の創設に携わった[1]

九州が「駅伝王国」と称されることに、九州の陸上競技界の指導者としての納戸の役割を評価する見方がある[10]

1968年から1976年まで福岡大学教授を務めた[2]。1982年、勲四等瑞宝章を受章[2]。1991年1月4日、心不全のため死去[2]

記念[編集]

1976年より[11]福岡県久留米市で「納戸記念久留米陸上競技大会」が開催されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年までに、十種競技と他種目でオリンピックに参加した日本選手は2人である。もう一人は1928年アムステルダムオリンピック中澤米太郎(十種競技と棒高跳)であるが、棒高跳は十種競技にも含まれる[6]。出典記事[6]2016年リオデジャネイロオリンピック前)にある中村明彦は専門である十種競技に加えて400メートルハードルでオリンピック出場経験があるが、同一大会での出場は果たしていない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 納戸(のと)徳重  九州一周駅伝の生みの親”. ふくおか先人金印記念館. 2019年10月28日閲覧。
  2. ^ a b c d 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.461
  3. ^ a b 日本学生記録の変遷 男子400m”. 日本学生陸上競技連合. 2020年2月26日閲覧。
  4. ^ a b 日本学生記録の変遷 男子800m”. 日本学生陸上競技連合. 2020年2月26日閲覧。
  5. ^ "Tokushige Noto Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 2017年7月22日閲覧
  6. ^ a b c “中村明彦11刀流だ 10種内定!400障も照準”. 日刊スポーツ. (2016年6月13日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1662444.html 2020年2月26日閲覧。 
  7. ^ 箱根へ挑んだ筑波大100年の系譜(1)”. 筑波大学陸上競技部OB・OG会 (2018年12月15日). 2020年2月26日閲覧。
  8. ^ 過去の大会成績”. 筑波大学. 2020年9月29日閲覧。
  9. ^ “小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」 <39>5年ぶり復帰レース”. 西日本新聞. (2018年5月18日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/417356/ 2020年2月26日閲覧。 
  10. ^ ふくおかクロニクル 福岡ゆかりの人々”. RKB毎日放送. 2020年2月26日閲覧。
  11. ^ まちのわだい 育てよう、陸上競技のスーパースター 第27回納戸記念陸上競技大会”. 広報くるめ. 久留米市 (2003年5月15日). 2020年2月26日閲覧。

関連項目[編集]