紗綾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さあや
紗綾
プロフィール
別名義 入江 紗綾
愛称 さあや、さーや
生年月日 1993年11月15日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 151 cm / kg
備考 シューズ=22.5
活動
デビュー 2005年
ジャンル グラビアアイドル
他の活動 女優
アイドル: テンプレート - カテゴリ

紗綾(さあや、1993年11月15日 - )は、日本グラビアアイドルタレント女優福岡県北九州市出身[1]。北九州市特命観光大使。

略歴[編集]

実父は日本競輪学校第59期の元競輪選手、入江新吾[2][3]。4歳から、地元・福岡のダンススクールでヒップホップ系のダンスレッスンを受ける。オーディションでスカウトされ、小学5年生でエルクハートプロモーション(現株式会社ウェスタ)に所属し、グラビアアイドルデビュー。

2005年2月、写真家『会田我路』プロデュースで1stDVD「紗綾 さあや11歳」が発売されると、「Fカップ小学生」と言われるほど[4] の小学生とは思えぬルックスが業界で注目される。同年5月には“キッス・プロジェクト”より留奈(岡田留奈)、ジェシカとダンス/ボーカルグループ「Sweet Kiss」(スウィート・キッス)としても売り出された[5]

中学進学後の2006年5月12日、「Sweet Kiss」は解散。『今日の5の2 2学期』より、キッスプロジェクトのユニットとしては「CHASE」(チェイス)として活動。ジェシカに替わり井口李南改め井口梨央が加わった3人組である。同年11月22日、『CHASE ME!』(TVドラマ「激闘!アイドル予備校」主題歌)でキングレコードより歌手としてメジャー・デビューしたが、その後「CHASE」は活動停止。

2008年、エースデュースコード(現;エースクルー・エンタテインメント)に移籍。5月1日より公式ブログを開始、毎日更新。同年11月より、毎月15日に「ツキイチ紗綾」という映像配信をトースターDVD形式で販売している。2009年1月1日付で公式ファンクラブ「Rainbow」設立。

デビュー後も地元で暮らし、仕事の度に上京していたが、高校進学を機に故郷を離れ、東京の高校に通いながら活動した[6][7]

2011年、バイオハザード15周年応援リーダーに就任。同年10月31日、北九州市特命観光大使に任命された。

2012年、高校卒業。

2013年1月27日に投開票が行われる北九州市議会議員選挙の「PR隊長」に起用された[8][9][10]

2014年9月より、大阪府吹田市パチンコホール「マルギンタワー」のイメージキャラクターに起用された[11]

2018年10月、グラビア卒業宣言[12][13] するが、のちにイメージDVDがラストであり、女優業がメインであるものの、オファー次第でグラビアを継続する予定であると明らかにした[14]

2018年12月28日、芸能事務所エースクルー・エンタテインメントを退所[15]。以後フリーで活動。

人物[編集]

  • 小学生(11歳)の頃からメリハリのある大人びた体型であったことから「Fカップ小学生」(または「小学生でFカップ」)と呼ばれていた。しかしこれは写真集出版の際の宣伝文句であり、所属事務所はこれを否定、プロフィールでも3サイズを公表していない[16]
  • 2005年の中国における反日活動の際に2ちゃんねらーが、彼女の画像の表情に合わせて『反日のおいたをしないでください』という趣旨のコメントを、反日ウェブサイト電子掲示板に貼り付けることにより反日活動が激減し、その清楚な笑顔が日中関係の摩擦を和らげる役目に一役買ったと話題になった(その効果を示す客観的な証拠というものは存在しないが、彼女の画像が表に出れば出るほど、中華人民共和国の反日活動が騒がれなくなったことを受けて、そのように伝えられたともされている)。例えば『週刊文春』2005年5月19日号[17] は『中国「反日運動」を止めた日本人美少女さあや11歳Fカップ』と題してこれを報じた。
  • 好きな女優は仲間由紀恵[18][19]
  • 中学ではバドミントン部に所属していたが、忙しくてなかなか行けなかったという[20]
  • 霊感が強い[21]。代々霊感が強い家系とのことで、小学校4年生頃から、実家で白装束の女性が見えるようになったという。邪気を感じたら、祖母から教えられた真言密教の呪文「オンサン マニア サトバム(普賢菩薩の御真言「おん さんまや さとばん」?)」と唱える[22]
  • 2014年9月1日、『王様のブランチ』においてリポーターとして共演していた青木英李と共に、デング熱に感染していたことが、TBSテレビニュース番組で報道された。二人は8月21日に、デング熱の感染者が共通して訪れていた、東京都渋谷区代々木公園で番組のロケ収録を行っていて、この時にヒトスジシマカに刺されたのが原因とされた[23]日本でのデング熱の流行報道によって話題となり、公式ブログのアクセス数が二桁増えた[24]
  • デビュー以来ずっとストレートロングの髪型だったが、2016年12月に髪を40~50cmバッサリ切り「生まれて初めて」というショートヘアになった[25]
  • 特技はストリートダンス[26]。趣味は歌[27]、写真、映画鑑賞[28]

作品[編集]

写真集[編集]

  • 紗綾11歳 紗綾写真集(2005年5月、ぶんか社、撮影:会田我路) ISBN 4-8211-2660-5
  • 紗綾写真集 ツボミ(2006年5月、集英社、撮影:熊谷貫) ISBN 4-08-780435-6
  • 紗綾写真集 紗綾 THE BEST(2007年12月、彩文館出版、撮影:白石剛) ISBN 4-7756-0282-9
  • 紗綾DVDつき写真集Road(2008年7月、小学館、撮影:西條彰仁) ISBN 978-4093721073
  • 私立紗綾女子学園中等部 全校192人ぜーんぶコスプレ&水着紗綾だ!(2008年12月、講談社、撮影:樂滿直城) ISBN 978-4063528091
  • サブラDVDムック(小学館)
    • 【Virginal Saaya】(2008年3月、撮影:野村誠一) ISBN 978-4091030580
    • 【Innocent girl】(2009年5月、撮影:西條彰仁) ISBN 978-4091030702
  • 紗綾写真集 さあや11歳の伝説(2009年6月、コアマガジン、撮影:会田我路) ISBN 978-4862526540
  • ロコガール(2009年11月、講談社、撮影:井ノ元浩二) ISBN 978-4063648102
  • 紗綾写真集 さあや11歳の伝説~最終章~(2010年7月、コアマガジン、撮影:会田我路) ISBN 978-4-86252-883-4
  • ヤングマガジン特別編集 seventeen's dreams(2011年3月、講談社、撮影:井ノ元浩二) ISBN 978-4063648553
  • AiRen(2012年4月、講談社、撮影:宮澤正明) ISBN 978-4062176965
  • I am ...(2012年12月、ワニブックス、撮影:西條彰仁) ISBN 978-4847045110
  • IS(2013年12月、ワニブックス、撮影:熊谷貫) ISBN 978-4847046025
  • 紗綾写真集 紗綾(2015年10月、講談社、撮影:西田幸樹) ISBN 978-4063528473 ※第47回講談社出版文化賞写真賞受賞[29][30]

CHASE[編集]

  • CUTIE CHASE 紗綾・留奈・梨央写真集(2007年2月、富士見書房、撮影:郡司大地) ISBN 4-8291-9133-3

DVD[編集]

  • 紗綾 さあや11歳(2005年2月、エルクハートプロモーション) ISBN 4-341-78004-2
  • 会田我路U-15 紗綾11歳(2005年5月、ぶんか社) ISBN 4-8211-3091-2
  • Little Legend 紗綾in沖縄(2005年10月、エルクハートプロモーション)
  • BLOOM〜さあやから入江紗綾へ〜(2006年6月、エルクハートプロモーション)
  • アクアガール 入江紗綾(2006年12月、エルクハートプロモーション)
  • アクアガール2 入江紗綾(2007年2月、エルクハートプロモーション)
  • 紗綾の休日(2006年12月27日、キングレコード
  • Pure Smile(2007年7月20日、竹書房
  • 紗綾 THE BEST(2008年3月7日、イーネット・フロンティア
  • 紗綾 SA-YA!(2008年4月13日、イーネット・フロンティア)
  • Love14(2008年11月21日、イーネット・フロンティア)
  • 解禁さあやファイナル(2009年2月6日、T.S.H)
  • 紗綾15・0 フィフティーン・ラブ 1Set(2009年5月20日、エースデュース)
  • 紗綾15・0 フィフティーン・ラブ 2Set(2009年9月16日、エースデュース)
  • 紗綾15・0 フィフティーン・ラブ 3Set(2009年12月16日、エースデュース)
  • 紗綾のプライベートジャーニーin北海道 〜紗綾と一緒の夏休み〜(1)(2010年1月20日、エースクルー・エンタテインメント)
  • 紗綾のプライベートジャーニーin北海道 〜紗綾と一緒の夏休み〜(2)(2010年2月17日、エースクルー・エンタテインメント)
  • 紗綾のプライベートジャーニーin北海道 〜紗綾と一緒の夏休み〜(3)(2010年3月17日、エースクルー・エンタテインメント)
  • 紗綾16 シックスティーン -1Set-(2010年6月16日、ポニーキャニオン
  • 紗綾16 シックスティーン -2Set-(2010年7月21日、ポニーキャニオン)
  • THE.さあや(2010年8月27日、テンプリント(T.S.H))
  • 紗綾16 シックスティーン -3Set-(2010年10月20日、ポニーキャニオン)
  • さあやとバリ島デート(2010年11月29日、T.S.H)
  • 紗綾17 -Sexy-(2011年3月16日、ポニーキャニオン)
  • 紗綾17 -Pure-(2011年4月20日、ポニーキャニオン)
  • 紗綾 THE GAME モウ、キミハボクノモノ(2011年7月20日、ポニーキャニオン)
  • 純恋愛(2011年12月16日、イーネット・フロンティア)
  • 純情愛(2012年2月24日、イーネット・フロンティア)
  • 紗綾18 卒業 -graduation-(2012年3月7日、ポニーキャニオン)
  • 紗綾18 ゴシック ドール -GOSICK DOOL-(2012年3月21日、ポニーキャニオン)
  • 紗綾18 アシメトリーasymmetry(2012年5月2日、ポニーキャニオン)
  • ずっと、きっと。(2012年6月20日、ラインコミュニケーションズ
  • Splash!(2012年6月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 恋詩(2012年9月21日、イーネット・フロンティア)
  • 夏夢 come(2013年1月24日、イーネット・フロンティア)
  • 恋愛ローテーション〜愛される為の方程式〜(2013年2月21日、イーネット・フロンティア)
  • 紗綾19-Memories-(2013年8月21日、ポニーキャニオン)
  • 紗綾19-Future-(2013年9月18日、ポニーキャニオン)
  • Age20-天然色-(2014年4月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 愛時 〜アイドキ〜(2014年11月15日、イーネット・フロンティア)
  • 愛体 LOVEBODY 10years(2015年11月15日、イーネット・フロンティア)
  • 愛forU 〜妄想Lover’s〜(2016年6月23日、イーネット・フロンティア)
  • 今、愛してくれますか?(2017年3月17日、イーネット・フロンティア)
  • Love U 〜揺れる距離感〜(2017年9月22日、イーネット・フロンティア)
  • 紗綾愛(2018年9月7日、イーネット・フロンティア)

Sweet Kiss[編集]

  • Sweet Kiss(2005年5月、エルクハートプロモーション/ごま書房) ISBN 4-341-78006-9
  • Very Sweet Vol.2(2005年12月、エルクハートプロモーション)

CHASE[編集]

  • 激闘!アイドル予備校 紗綾・留奈・梨央 CHASE(2006年9月、イーネット・フロンティア)

その他[編集]

  • sabra トレーディングカード コレクション 紗綾 BOX(2009年10月)JAN:TC-IDL-0613
  • ヒッツリミテッド 紗綾 トレーディングカード BOX(2010年9月18日)ASIN B003XDT3ZY
  • ヒッツ! リミテッド 紗綾 ハッピー・バレンタイン トレーディングカード BOX(2012年2月18日)ASIN B006OUOIP8

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 少女霊 14歳の魂(2007年2月23日発売、谷洋平監督)
  • 実録マフィアンヤクザ VIII(2014年)
  • YOKOHAMA BLACK(2016年9月) - リョウコ
  • YOKOHAMA BLACK 2(2016年11月) - リョウコ

舞台[編集]

  • 堕天・神殿・遅咲きの蒼(2011年4月27日 - 5月5日)
  • 半おに戦奇譚-AMAGI-改(2011年11月30日 - 12月5日)
  • Nouvell vague(ヌーベルバーグ)(2012年8月8日 - 8月12日)
  • 火男の火(2013年8月3日 - 8月6日) - 舞舞 役
  • 『異人たちのラプソディ』(2014年4月、中野 劇場MOMO) - 美輪 役
  • ワイアールジャパンプロデュース「拳聖」(2015年1月15日-18日、シアターサンモール)
  • 戦国無双 関ヶ原の章(2015年5月2日 - 5月7日、シアター1010) - 稲姫 役
  • BIOHAZARD THE STAGE(2015年10月 - 11月、EX THEATER ROPPONGI) - オリヴィア・プライス 役
  • BIOHAZARD THE Experience(2017年2月10日 - 2月26日、ZEPPブルーシアター六本木) - アンドウ 役
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌(2017年4月7日 - 10日、大阪・森ノ宮ピロティホール / 4月20日 - 30日、東京・天王洲 銀河劇場[32]
  • すてきな三にんぐみ(2017年) - シスター 役(ゲスト出演)
  • 百年の虎独 2017(2017年9月1日 - 9月10日、Geki地下Liberty) - アキ 役
  • ICE CREAM GOOD BYE(2017年10月25日 - 10月29日、新宿村LIVE) - ハナコ 役
  • 雲の向こう、約束の場所(2018年4月20日 - 4月24日、東京国際フォーラム ホールC) - 鈴木みどり 役

OVA[編集]

DVD舞台[編集]

  • Nouvell Vague(2013年1月25日、株式会社彩高堂)

WEB映画・番組[編集]

イメージキャラクター[編集]

CM[編集]

  • スパワールドイメージガール(関西ローカル、2009年7月 - )
  • シーブリーズ(2010年4月 - )
  • 北九州市議会議員選挙投票啓発(2013年1月)[33]
  • マルギンタワー(2014年9月 - )[34]

PR動画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 北九州市Love”. 紗綾オフィシャルブログ (2011年10月31日). 2015年8月16日閲覧。
  2. ^ “【競輪】理事長杯は浅井康太が1着”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2015年7月17日). http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2015/07/17/0008218642.shtml 2018年7月20日閲覧。 
  3. ^ 選手情報: 入江 新吾 - keirin.jp
  4. ^ 紗綾 最新写真集から先行カットを公開“ポロリ”寸前の限界ショット”. 東スポ (2018年8月27日). 2020年7月10日閲覧。
  5. ^ えッ誰? 紗綾が特殊メイクで変身 - 『漫画喫茶都市伝説 呪いのマンナさん』”. マイナビニュース (2008年5月30日). 2020年1月11日閲覧。
  6. ^ 本人が初登校の日にブログで感想を述べている。今日から高校生!!”. 紗綾OFFICIAL BLOG SITE (2009年4月9日). 2014年10月13日閲覧。
  7. ^ お引越し”. 紗綾OFFICIAL BLOG SITE (2009年4月6日). 2014年10月13日閲覧。
  8. ^ 北九州市議選、投票率アップ作戦[リンク切れ] 読売新聞 2013年1月22日
  9. ^ 2013北九州市議選:街のため、一票を 市出身タレント・紗綾さん呼び掛け /福岡[リンク切れ] 毎日新聞 2013年01月22日
  10. ^ 市観光大使の紗綾さん、投票を呼びかけ[リンク切れ] 朝日新聞 2013年01月21日
  11. ^ 2014年9月〜「マルギンタワー」イメージキャラクターに起用。
  12. ^ デラべっぴん編集部 (2018年10月1日). “グラビア卒業宣言をした紗綾。25歳になった彼女の今後の動向は? 過去のグラドルたちと比較しつつ考察してみた。” (日本語). デラべっぴんニュース. 2019年1月29日閲覧。
  13. ^ グラビアクイーン紗綾が「グラビア卒業」への思いを語った│NEWSポストセブン”. www.news-postseven.com (2018年10月2日). 2019年1月29日閲覧。
  14. ^ 紗綾、イメージDVD出演にひと区切り。夢だった「演技派女優」に一直線!│週プレNEWS” (2018年11月27日). 2019年2月3日閲覧。
  15. ^ 紗綾が事務所退所「女優になる夢叶えるため」” (日本語). ナリナリドットコム. 2019年1月29日閲覧。
  16. ^ 「入江紗綾(11歳)の給与」『週刊プレイボーイ』2005年46号、集英社、2005年11月。
  17. ^ 週刊文春_050519”. 文藝春秋. 2006年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  18. ^ 2010年1月17日 スポーツ報知 芸能面『紗綾、目標は仲間由紀恵「紅白の司会もやりたい」』
  19. ^ “グラドル・紗綾が紅白歌合戦の司会に立候補!?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2010年1月20日). https://thetv.jp/news/detail/12127/ 2020年1月26日閲覧。 
  20. ^ 紗綾写真集『ツボミ』発売記念イベント+DVD『BLOOM』イベント”. スクランブルエッグ (2006年5月17日). 2012年12月31日閲覧。
  21. ^ ホラークイーン紗綾、撮影中に霊感を発揮「あっ、あそこ…」”. 映画.com (2010年6月7日). 2014年10月11日閲覧。
  22. ^ “「紗綾は真言密教の呪文を唱える」Wikipedia真相を本人直撃”. Smart FLASH (光文社). (2012年8月30日). https://smart-flash.jp/showbiz/1481 2020年1月26日閲覧。 
  23. ^ 王様のブランチのレポーターがデング熱 デイリースポーツ、2014年9月1日配信、同日閲覧。
  24. ^ “紗綾にデング熱特需?「覚えてもらった」”. nikkansports.com. (2014年11月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141116-1397022.html 2014年11月17日閲覧。 
  25. ^ "変化"とはなにか…!?”. 紗綾オフィシャルブログ (2016年12月4日). 2017年4月30日閲覧。
  26. ^ 紗綾が涼しげな浴衣姿を披露 - 「よく大人っぽいって言われます」”. マイナビニュース (2009年6月21日). 2020年1月12日閲覧。
  27. ^ 紗綾、永遠の15歳でいたい? - 「年をとるのがイヤです!」”. マイナビニュース (2009年10月17日). 2020年1月13日閲覧。
  28. ^ “紗綾、“Fカップ小学生”時代のスタイル再び 「出るところは出て…」”. しらべぇ. (2020年1月30日). https://sirabee.com/2020/01/30/20162246321/ 2020年2月23日閲覧。 
  29. ^ “2016年度(第47回)「講談社出版文化賞」決定のお知らせ” (プレスリリース), 講談社, (2016年4月1日), http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/20160401bunkasho.pdf 2017年10月2日閲覧。 
  30. ^ 講談社出版文化賞「写真賞」受賞式”. 紗綾 officialblog powered by ameba. サイバーエージェント (2016年5月25日). 2017年10月2日閲覧。
  31. ^ IZAM、紗綾の袋とじグラビアに悩殺される「思わず袋切りました」”. シネマトゥデイ (2016年1月31日). 2016年2月1日閲覧。
  32. ^ “舞台「ちるらん」に早乙女友貴、馬場ふみから出演、乱入・乱舞ありの漢祭りも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年2月3日). http://natalie.mu/comic/news/219409 2017年2月3日閲覧。 
  33. ^ 北九州市議会議員選挙”. 紗綾OFFICIAL BLOG SITE (2013年1月21日). 2014年10月13日閲覧。
  34. ^ 2014年9月〜「マルギンタワー」CM放映
  35. ^ 北九州市PR動画「北九州見チャリ!」”. 北九州市. 2016年3月14日閲覧。
  36. ^ 北九州市PR動画「北九州見チャリ!」#01 小倉北区編 (YouTube). 北九州市.. https://www.youtube.com/watch?v=xh0zSfVDs68 2016年3月14日閲覧。 
  37. ^ 北九州市PR動画「北九州見チャリ!」#02 小倉南区編 (YouTube). 北九州市.. https://www.youtube.com/watch?v=2aZWxS-xxvY 2016年3月14日閲覧。 
  38. ^ 北九州市PR動画「北九州見チャリ!」#05 門司区編 (YouTube). 北九州市.. https://www.youtube.com/watch?v=BLNVRMeJ0DI 2016年3月14日閲覧。 
  39. ^ 北九州市PR動画「北九州見チャリ!」#07 戸畑区編 (YouTube). 北九州市.. https://www.youtube.com/watch?v=Ve-yOmTzXCc 2016年3月14日閲覧。