紙チュク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
ホーム(2009年7月9日)
ホーム(2009年7月9日)
지축
チチュク
Jichuk
所在地 大韓民国の旗京畿道高陽市徳陽区三松路 300(紙洞 818-64)
位置座標
駅番号 319
所属事業者 ソウル交通公社
韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 無配置簡易駅(大谷駅管理)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,236人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1990年7月13日
乗入路線 2 路線
所属路線 ソウル交通公社3号線*
キロ程 0.0km(紙起点)
(1.5km) 旧把撥 320
所属路線 一山線*
キロ程 0.0km(紙起点)
(1.7km) 三松 318
備考 共同使用駅
* 両線で相互直通運転実施
各種表記
ハングル 지축역
漢字 紙杻驛
平仮名
(日本語読み仮名)
しちゅうえき
片仮名
(現地語読み仮名)
チチュンニョク
英語 Jichuk Station
テンプレートを表示

(チチュクえき)は大韓民国京畿道高陽市徳陽区洞にある、ソウル交通公社韓国鉄道公社(KORAIL)の駅番号は(319)。

概要[編集]

この駅は韓国鉄道公社(KORAIL)一山線ソウル交通公社3号線の起点駅である。両路線とも当駅で相互直通運転を行っており、首都圏電鉄3号線を構成している。

会社および路線の境界駅であるが、両路線とも「3号線」として案内され、いずれも首都圏電鉄統合運賃制が適用されるため、実質的には中間駅として機能している。また、当駅での乗務員交代も行われず、双方の乗務員が直通先の路線にそのまま乗り入れる。

駅舎全体の管理業務はソウル交通公社側が担当する。KORAIL側は大谷駅管理の無配置簡易駅とされているため、職員は置かれていない。

旧・ソウルメトロ運営路線(1 - 4号線)では唯一ソウル特別市域外に位置していた。

今後、当駅にソウル郊外線を接続させる案が検討されている[1]

利用可能な鉄道路線[編集]

ソウル交通公社
3 ソウル交通公社3号線
韓国鉄道公社
3 一山線

駅構造[編集]

高架駅で、島式ホーム1面2線を有している。保安用にホームドアシステム(フルスクリーンタイプ)を装備する。改札口・出入口は2ヶ所ある。化粧室は西側(2番出入口)の改札内に設置されている。

駅の中間やや三松寄りにソウル交通公社とKORAILの管轄境界があり、ここを境にサインシステムの仕様が異なっている。ただし、ホームドアと行先案内表示器は全てソウル交通公社の仕様である。

のりば[編集]

案内上ののりば番号は設定されていない。

駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
上り 3 一山線 大谷大化方面
下り 3 3号線 鍾路3街高速ターミナル水西梧琴方面

利用状況[編集]

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
3 一山線 乗車人員 129 572 638 657 524 547 587 644 657 [2]
降車人員 106 481 518 493 541 561 613 698 713
3 3号線 乗車人員 2,449 2,537 2,582 2,437 2,429 2,593 2,584 2,803 2,949 3,057 [3]
降車人員 2,388 2,438 2,517 2,400 2,375 2,590 2,597 2,861 3,165 3,291
乗降人員 4,837 4,975 5,099 4,838 4,804 5,183 5,181 5,664 6,113 6,348
路線 일평균 인원수 (명/일) 각주
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
3 一山線 乗車人員 581 394 343 311 297 263 244 [2]
降車人員 631 465 425 367 298 243 214
3 3号線 乗車人員 2,655 1,810 1,474 1,406 1,431 1,357 1,374 [3]
降車人員 2,920 2,089 1,697 1,635 1,575 1,428 1,421
乗降人員 5,575 3,899 3,171 3,041 3,006 2,784 2,795

駅周辺[編集]

  • 恩平ニュータウン 1地区
  • 恩平ニュータウン 3-1地区
  • 車両事務所 - ソウル交通公社3号線4号線所属車両及び韓国鉄道公社一山線所属車両検査を行っている。
  • 初等学校
  • 恭陵川
  • ドンソン自動車運転専門学院
  • 津寛洞公営車庫地
  • -三松 地域暖房公社
  • 高陽大路
  • 統一路
  • 新都市(2014年予定)
  • 三松新都市(2013年予定)

歴史[編集]

  • 1990年7月13日 - ソウル特別市地下鉄公社3号線(当時)の駅として開業。 
  • 1996年1月30日 - 韓国国鉄(当時)一山線が当駅まで開業。ソウル特別市地下鉄公社3号線との相互乗り入れを開始。 
  • 2005年1月1日 - ソウル特別市地下鉄公社がソウルメトロに改称。また、韓国国鉄が公社化され、韓国鉄道公社となる。 

隣の駅[編集]

ソウル交通公社・韓国鉄道公社
3 3号線・一山線
三松駅 (318) - 駅 (319) - 旧把撥駅 (320)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]