素砂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
素砂駅
1番出口
1番出口
소사
ソサ
Sosa
(ソウル神大)
◄146 駅谷 (1.5km)
(1.1km) 富川 148►
所在地 大韓民国の旗 大韓民国京畿道富川市素砂路 272(素砂本洞 395)
駅番号 147
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 配置簡易駅
駅等級 3級
所属路線 京仁線
キロ程 8.4km(九老起点*)
70.8km(逍遥山起点**)
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
19,809人/日(降車客含まず)
-2008年-
乗降人員
-統計年度-
39,180人/日
-2008年-
開業年月日 1997年4月30日
備考 *京仁線の起点として
**首都圏電鉄1号線の起点として
素砂駅
ホーム
ホーム
소사
ソサ
Sosa
起点 (0.6km)
(1.7km) ソセウル S17►
所在地 大韓民国の旗 大韓民国京畿道富川市素砂路 地下284
駅番号 S16
所属事業者 素砂元時運営
駅種別 地下駅
所属路線 西海線
キロ程 0.6km(素砂起点起点)
ホーム 2面2線
開業年月日 2018年6月16日
素砂駅
各種表記
ハングル 소사역
漢字 素砂驛
平仮名
(日本語読み仮名)
そさえき
片仮名
(現地語読み仮名)
ソサヨク
英語 Sosa Station
テンプレートを表示

素砂駅(ソサえき)は、大韓民国京畿道富川市素砂本洞韓国語版にある、韓国鉄道公社(KORAIL)京仁線西海線である。駅番号147S16ソウル神大という副駅名がある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

京仁線[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅で、外側2線のみ使用する。外側2線側には保安装置としてフルスクリーンタイプのホームドアを装備する。外側2線は急行電車の通過線であり、柵とロープで仕切られ閉鎖されている。

出入口は南側に1・2番出口、北側に3番出口が設けられている。

のりば[編集]

1 1 京仁線(上り) 緩行 九老地下ソウル駅清凉里逍遥山方面
2 1 京仁線(上り) 急行 上り電車の通過線のため閉鎖
3 1 京仁線(下り) 急行 下り電車の通過線のため閉鎖
4 1 京仁線(下り) 緩行 富川富平朱安仁川方面

西海線[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅で、終着駅である。

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員推移は下記の通り。

路線 乗車人員
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
京仁線 17188 20933 23500 24796 20592 20461 19969 19682 19809 18983 17935 17423 16017 14584 14392 [4]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
1 京仁線
特急・急行
通過 
緩行
駅谷駅 (146) - 素砂駅 (147) - 富川駅 (148)
素砂元時運営
西海線
普通
素砂駅 (S16) - ソセウル駅 (S17)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 대한민국관보 철도청고시 제1997-22호, 1997년 4월 24일
  2. ^ 대곡~소사 복선전철 마침내 첫삽, 2020년 개통 국민일보 2015년 12월 22일
  3. ^ Ablenews. “에이블뉴스 - 개통 복선전철 서해선, 장애인 편의 점검기-①” (朝鮮語). 2018年6月19日閲覧。
  4. ^ 광역철도사업 수송통계 자료실, 정보공개 공개자료실, KORAIL (2005·2009년은 철도정보 일반자료실)

関連項目[編集]