紫りら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

紫 りら(むらさき りら、11月6日 - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。

青森県三沢市[1]市立第一中学校出身[1]。公表身長158cm[1]。愛称は「ピヨピヨ」、「りら」、「いえちゃん」[1]

略歴[編集]

2007年宝塚音楽学校に入学。同期には、愛希れいか妃海風実咲凜音礼真琴柚香光水美舞斗朝美絢月城かなと星乃あんり桜木みなとなどがいる。

2009年第95期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は45人中15番[2]。宙組公演『Amour それは…』で初舞台。同年5月20日[2]に星組に配属。配属後は『太王四神記』に出演。

妃白ゆあの退団に伴い、2016年7月1日より夏樹れい(のち紫藤りゅう)と「TAKARAZUKA SKY STAGE」スカイナビゲーターズを務める。[3]

主な舞台出演[編集]

初舞台公演[編集]

星組配属後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーション、2015年、118頁。ISBN 978-4-908135-33-0。
  2. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P121。ISBN 978-4-484-14601-0。
  3. ^ 夏樹とともにスカイナビゲーターズを務めていた夢妃杏瑠はスカイレポーターズに就任。

関連頂目[編集]