紫峰ヶ丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紫峰ヶ丘
紫峰ヶ丘一丁目
紫峰ヶ丘一丁目
紫峰ヶ丘の位置(茨城県内)
紫峰ヶ丘
紫峰ヶ丘
紫峰ヶ丘の位置
北緯36度0分9.19秒 東経140度2分22.54秒 / 北緯36.0025528度 東経140.0395944度 / 36.0025528; 140.0395944
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ibaraki Prefecture.svg 茨城県
市町村 Flag of Tsukubamirai Ibaraki.JPG つくばみらい市
人口
2017年(平成29年)8月1日現在)[1]
 • 合計 4,362人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
300-2359
市外局番 0297[2]
ナンバープレート つくば
紫峰ヶ丘三丁目(開発中)

紫峰ヶ丘(しほうがおか)は、茨城県つくばみらい市町名。現行行政地名は紫峰ヶ丘一丁目から紫峰ヶ丘五丁目。郵便番号は300-2359。

地理[編集]

つくばみらい市北東部に位置する。つくばエクスプレスタウンみらい平地区の東部で、住宅地として開発が進んでいる。

地域の東部を首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス、西部を都市軸道路、中央を常磐自動車道が横断している。

歴史[編集]

元は農地を中心とした地域であった。常磐自動車道の南側に当たる一・四・五丁目から開発が進み、住宅街が形成されている。四・五丁目の一部は、昭和期に「高波住宅」として開発された地区の一部であり、高波住宅をみらい平地区に組み込む形で宅地開発が行われた。

工事期間中の住所の表示を分かりやすくするため、正式運用前から暫定的に使用する新町名の募集を2005年(平成17年)11月24日から12月20日にかけて、筑波郡伊奈町及び谷和原村(現・つくばみらい市)住民及び地権者に行い[3]、B地区を「紫峰ヶ丘」に決定[4]2006年(平成18年)3月27日のつくばみらい市発足と同時に暫定運用を開始したまた、2012年(平成24年)度に土地区画整理事業が終了したことを受け、2013年(平成25年)6月29日に正式町名となり、同時に仮換地街区画地番号より新たに振られた番地へと移行した[5]

みらい平地区のうち茨城県道3号つくば野田線から北でかつ常磐自動車道と都市軸道路茨城県道355号東楢戸真瀬線)より東の部分を占め、東は小島新田、西は富士見ヶ丘・西楢戸、南は陽光台、北は田村と接している。

地名の由来[編集]

北東に望む筑波山の別称「紫峰」より。

沿革[編集]

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各大字ともその一部)
紫峰ヶ丘一丁目 2013年6月29日 東楢戸、西楢戸、小張
紫峰ヶ丘二丁目 東楢戸、西楢戸、小島新田
紫峰ヶ丘三丁目 東楢戸、西楢戸、小島新田、田村
紫峰ヶ丘四丁目 東楢戸、小島新田、小張
紫峰ヶ丘五丁目 小張、小島新田

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
紫峰ヶ丘1丁目 306世帯 698人
紫峰ヶ丘2丁目 290世帯 776人
紫峰ヶ丘3丁目 475世帯 1,397人
紫峰ヶ丘4丁目 314世帯 782人
紫峰ヶ丘5丁目 261世帯 709人
1,646世帯 4,362人

交通[編集]

当地域は、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスみらい平駅に近接している。地域内にはつくばみらい市コミュニティバスみらい号」の「紫峰ヶ丘一丁目」停留所があるほか、みらい平駅より各方面にバスが出ている。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 市の人口 - 町丁字別人口”. つくばみらい市 (2017年8月4日). 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 広報やわら 平成17年11月号(No.439)
  4. ^ 広報やわら 平成18年3月号(最終号)
  5. ^ みらい平地区の住所(町名地番)変更のお知らせ”. つくばみらい市役所. 2010年7月3日閲覧。
  6. ^ 広報つくばみらい3月号(No.12) これ以降、新町域が行政サービスの区分として扱われるようになる。

関連項目[編集]